2017年01月25日

横綱昇進

『第72代横綱、稀勢の里が誕生』ですか。

日本人の横綱としては若乃花以来、19年ぶりの誕生とのこと。
その間 主にモンゴルの皆さんに 相撲への興味を綱いで…つないでいただいておったわけで。

あらためて感謝を伝えましょう。
朝青龍さん、ありがとう!

横綱昇進となりますと おなじみなのは昇進伝達式というヤツ。
日本相撲協会の理事会で昇進が決定。使者の方がそれを伝えに参ります。

基本的には「謹んでお受けします」と。そして多くの方が“四字熟語”を交えて口上を述べるというものです。

そもそも使者の方が来られて「当方には荷が重く、お断りいたします」などと拒否る方がおられれば大そう斬新ではありますが。そんなこたぁございましぇん。

ただ今回の稀勢の里は 四字熟語は入れなかったみたいね。必ず入れなアカンものでもないらしいが。
そんな中 余計な世話でしょうが、今の稀勢の里にふさわしい四字熟語を考えてみました。

そして思いつきました。
その熟語とは、ズバリ…

「横綱昇進」

正解!
ひねりなし!
posted by 味噌のカツオ at 23:32| Comment(0) | TrackBack(0) | スポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月24日

Who

とある地下鉄の駅構内。

ありがちな壁面のギャラリーに。

やけに白い顔した肖像画がありました。
DSC_0158.JPG

遠巻きに眺めながら「田中麗奈っぽい」と思いつつ。

近寄っていくと。そこには…

常盤貴子

と記されていました。
DSC_0160.JPG

「お、おう。そやな」

冷え込んだ朝、仕事前のひと時。
posted by 味噌のカツオ at 22:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月23日

寒さ勘弁

あぁ疲れてんのかなぁ、しんどいなぁ。
ふと我に返り「今日、月曜日か」と気付いて さらに気が滅入る。

仕事を終えてから自転車で映画を見にお出かけ。
昨日に引き続き、貯まっていたポイントでの鑑賞。

見終わってから自転車で帰宅。
たいがい自転車で走ってたら体が温まりそうなもんだけど…なかなか。
それぐらい寒かったね。

お風呂にて。しっかり温まっても頭・体洗うために浴槽出たら…おおっと。
それぐらい寒いもんね。

体がしんどく思えてるのも この寒さが原因かもね。
雪が無いだけマシかもだけど。
この寒さは勘弁やわ。
posted by 味噌のカツオ at 23:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月22日

思い複雑

先週はずっと予定があり、イマイチ余裕がなかったけども、今日は一日お休み。
とりあえず映画だと春日井シネマで「新宿スワンU」を見てきました。
ポイントが貯まってたのでタダで見られたよ。

帰ってから競馬の結果のチェック。
中山競馬のメイン「GU・AJCC]が的中。

5日の金杯から競馬は始まっていますが、これが今年初の的中ということで。初日が出ましたと。
いうところですが。

そのレースの最中。
4番人気のシングウィズジョイが最後の直線に入ったところで転倒。
実況では「落馬」と伝えていましたが、馬が前方に一回転するぐらいのアクシデントで。

騎乗していたルメール騎手(じつはこの日の第4レースでも落馬していた)は大事には至らなかったのだけど。

あまりに馬の転倒の仕方がショックで。
状況をチェックしたところ、案の定。左上腕骨骨折と診断され、予後不良と判断され安楽死処分となったとのこと。

こういうアクシデント、そして予後不良というのは心痛むなぁ。
もうずいぶん前のことだけどサイレンススズカがそうなってしまった時とか、泣けたもんなぁ。

わたくし自身の馬券は的中したけども。
素直に喜びきれないところあるわ。。。
posted by 味噌のカツオ at 23:43| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月21日

新年会2017

さぁ土曜日だ。
今週は わりと忙しかったので準備もしんどかったけども。
先週に引き続き電車で多治見まで。

今日の番組のテーマは「トランプであそぼう」という、政治的な意味合いも大統領就任のニュースとも関係の無いテーマで。
いつも以上に悪ノリしたおしゃべりで楽しませていただきました。

とまぁそんなこんなの2時間をこなしつつ。
夜にはFM PiPiの新年会が、一年ぶりに行われました。当たり前だがな。
多治見市内の居酒屋にて どやどやどやと。
DSC_0148-5601b.JPG

いきなりの船盛り登場にテンションUP。しかも見かけだけではなく、刺身もウマー♪
DSC_0144.JPG

そして牛のたたき、鴨鍋と、いずれもウマー♪で大満足。
DSC_0146.JPG DSC_0150.JPG

ただし。唯一の心残りがあるならば。
去年は カニが当たったビンゴゲーム。今年GETしたのはクラッカーとは…(-_-;)
DSC_0154-effdb.JPG

まあそんな年もあるか。
という宴会で思いも新たに。
来週の放送も 悪ノリで行きましょうぞ。
posted by 味噌のカツオ at 23:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月20日

恋にも仕事にも頑張る女の子

先日見た歌番組に E-girls が出ておりました。

最新シングル曲「All Day Long Lady」。
歌う前に「恋にも仕事にも頑張る女の子の歌」という前フリを聞いてから見てたんだけど。

画面の下に出てくる歌詞を見てますと。
わたくし的には なかなかの衝撃で。

何がどう衝撃だったのかは割愛しますが。
背中に漂う寒気と闘いながらそのパフォーマンス、そして歌詞に見入っていたわたくしでした。

ん〜歌詞だけ見るとアレだけど。
曲に乗ると なんてつまんない。。。


「All Day Long Lady」

Monday morningのアラームが 鳴り響いてる
ring ring ring 起きなさい
breakfastの時間はない シャワー浴びたら
quick quick quickとメイクして

さぁ 1週間が また今日からはじまったのよ
feel so fresh fresh fresh
ヒールが高めのパンプスで 歩き出していくわよ

All Day LongのLady
恋も仕事もやりこなす女なの 毎日戦ってるの
All Day LongのLady
朝から晩まで無我夢中生きるのよ そういうのが好きよ

Monday Tuesday Wednesday
Thursday Friday Saturday

苦手な上司はどこにでも 生息してるわ
トントン毎日叱り
いつでも笑顔は武器になる 涼しい顔して
quite quite quiteと流して

目がチカチカする 目まぐるしい
やることたくさんで おつかれさま
ランチタイムまであと10分 どこでなにを食べよう

All Day LongのLady
恋も仕事も 手を抜かない 気を抜かない そこそこなんて嫌よ
All Day LongのLady
楽しまなくちゃ もったいない 生きるってそういうことなのよ

Monday Tuesday Wednesday
Thursday Friday Saturday

Tokyo Cityは眠らないまち でも私はぐっすり眠る
そして日曜だけ一日中 あなたと過ごすHappy Sunday
Shine? Rain? 明日も晴れるわ

5! 4! 3! 2! 1!
原宿culture watcherでいたい
ときどきハメもはずしていたい
freeな格好しながら 肩で風切る女でいたい
最近特に元気ないみたい
案外なんだか活気ないみたい
憂鬱なんてつまんない
posted by 味噌のカツオ at 22:23| Comment(0) | TrackBack(0) | よもやま話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月19日

CMチェンジ

『モデルや女優、歌手と幅広く活躍するすみれが、ボートレースのCMキャラクターを降板。新年から渡辺直美へ"急遽"変更されたことが話題になっている』

石田純一と松原千明の娘ということでも話題だった すみれさん。
CMの降板だけではなく、今や芸能活動を全てキャンセルしてハワイで過ごしていると。そして一説には精神的に仕事をできる精神状態ではないとのことで、自らCMの契約更新を断ったとか。
何が原因なのかは誰もわからないとのことだけど。

ぶっちゃけ言ってしまえば。
この人が日本の芸能界でそんなに魅力的なタレントさんとは思えなくてね。
プロフィールであったり、スタイルがいいとかは否定しませんが、日本語が完璧でもないのでトーク力弱いのよね。

そういう意味で微妙なトンチンカンな会話で 面白いとか、カワイイとか、そういうキャラでもないし。
なんでこの人がこんなにプッシュされてるのかはよくわからなかった。

かつて好きだった「チューボーですよ」のアシスタントがTBSの女子アナからすみれさんに変わって、グッと面白味がなくなっちゃって。
堺キョショーとアシスタントとのやりとりは面白味だったのに、この人がどんどん英語でしゃべって、伝わらなくなっちゃったし。
小柄なキョショーと並んだら背が高すぎてバケモノみたいなバランスやったし。

確かにそういう言い方しちゃ失礼なのかとは思うけど。
昨年末に「チューボーですよ」早々終了の方が流れたときのニュースコメント見たら「アシスタントが変わってから見なくなった」という声が多数上がっており。あぁやっぱみんな同じ感触だったのねと思ったもんです。

そんなすみれさんに変わり、ボートレースのCMキャラクターは渡辺直美が担当することに。
突然の降板でドタバタだったそうですが、以前に同イメージキャラクターを務めておられた縁もあり、渡辺直美さんに落ち着いたとか。

それに異論はないのだが。
この二人。印象が全く違うよね。ビジュアル的にね(苦笑)

ただし、一般論としては 誰がCMをやるのかよりも、ちゃんとボートレースを想起させる内容のCMにしろという声多数だそうな。
なるほど。

とりあえず、直美さんボートに乗ったら沈みそう。
とは思ったよ。
posted by 味噌のカツオ at 22:40| Comment(0) | TrackBack(0) | よもやま話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月18日

金の雨と金星

『新日本プロレスのIWGPヘビー級王者オカダ・カズチカ(29)が、テレビ朝日の森葉子アナウンサー(30)と真剣交際していることが明らかになった』

という突然の報道。プロレスファンとして驚きました。
もちろんこういうおめでたい話題は大歓迎です。

ちょっと前のプロレスってマイナースポーツの代表みたいに見られたりもしましたが。近頃では“プ女子”と呼ばれる女性ファンが増えたり。様々なメディアでプロレスラーが、プロレスというジャンルが取りあげられる機会も増加してます。

そんなところで今回の報道。
女性ファンからは悲鳴が聞こえてきそうだけど(苦笑)、オーナーなんかは一段と喜んでいるんじゃないですか。

女子アナと結婚なんてなったらトップアスリート感が増すよね。
これまでであれば野球選手、Jリーガー、既婚の男性アナウンサーあたりがお相手だったりしたわけで。それはそれで癪に障るし。

古くはアントニオ猪木が女優の倍賞美津子さんと結婚していたり、高田延彦は向井亜紀さんと夫婦だったり。
小池栄子と坂田亘ってのもあるね。この場合 嫁さんの方が名前が上位ってのが密かなポイントだな。

とにかく 華々しい話題であり、また違った面でプロレスにも夢あるなぁと、アピールできる今回の報道であります。

相撲界に倣えば良い嫁さんをめとること“金星”なんて言いますが。
金の雨を降らす男が金星GETと報じられるんだろうなww

良い報告があるよう、期待して待ちましょう。
posted by 味噌のカツオ at 00:26| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月17日

しまる“日アカ”後篇

「第40回日本アカデミー賞」の受賞者・作品が発表になりまして。
昨日は男優・女優の賞の“予想”をいたしましたが、今回はそれぞれ作品について。

“全部を見てるわけではない”ので。
いかに ふさわしいという評価や希望ではなく。
日本アカデミーの姿勢、パワーバランスなどを考慮した“予想”でございます。

■優秀アニメーション作品賞
◎『君の名は。』
▲『聲の形』
○『この世界の片隅に』
△『ルドルフとイッパイアッテナ』
×『ONE PIECE FILM GOLD』

■優秀監督賞
◎庵野秀明(総監督)/樋口真嗣(監督)『シン・ゴジラ』
▲新海誠『君の名は。』
△瀬々敬久『64-ロクヨン-前編』
×中野量太『湯を沸かすほどの熱い愛』
○李相日『怒り』

■優秀作品賞
◎『怒り』
△『家族はつらいよ』
○『シン・ゴジラ』
▲『湯を沸かすほどの熱い愛』
×『64-ロクヨン-前編』

パッと見で思ったのは『64-ロクヨン-前編』とはあるが、後編は入っていないのか。
確かに前編は評判良かったけど、後編で尻つぼみになったって言われてたけどな。

さてさて。ここから予想ですが。優秀アニメーション作品は『君の名は。』一択じゃないですか?
クオリティや満足度で言えば『この世界の片隅に』となりそうだけど、空気を読むとコレじゃない感が。
“世論”に従うなら『君の名は。』を無冠で終わらせるわけにはいかず。かと言って“監督賞”は癪に障るので。

宮崎駿という(日テレにとっても)偉大な先人がおられるのでアニメへの偏見はありませんが。なんとなく童貞に贈呈したくはないぞという空気感から、新海誠の個人受賞は消されそう。
というわけで優秀監督賞は 偏った巨匠と言っても過言ではない『シン・ゴジラ』の庵野秀明と、ついでに樋口真嗣に。
なんなら主演俳優・ゴジラという評価も込みで、こうなるかな。

最後に残った優秀作品賞は、最多の11部門で受賞している『怒り』にすれば、より多くの関係者が歓喜に沸きそう。
もしかしたら監督賞が李相日で 作品賞が『シン・ゴジラ』と、ラスト2つは逆もあるかな。でも日本アカデミーは単なる娯楽系ではなく、こういった重厚そうな社会派なの好きだしね。

とにかく2016年は邦画の良作が多かったんですよ。
それを表すように、例年同様な ひとつの作品が何部門も受賞とはならず、幅広く星を分け合うんじゃないかな。

先に発表になったキネマ旬報ベストテンとはチョイスが違いますが。
それぞれの賞の看板なりに 選出の傾向が違うのはあるわけで。

多くの作品を見る映画好きにとってはキネ旬を参考にするべきだし、TVショーとして意識すれば この日本アカデミー賞みたいになるだろうし。
映画は万人向けの娯楽であり、見た人それぞれで感想も違うわけですからね。

あらためて、授賞式 および最優秀の発表は3月3日に行われます。
posted by 味噌のカツオ at 00:18| Comment(0) | TrackBack(0) | よもやま話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月16日

しまる“日アカ”前篇

「第40回日本アカデミー賞」の受賞者・作品が発表になりました。
選考対象は『2015年12月16日〜2016年12月15日の期間に東京地区の商業映画劇場にて有料で初公開され、1日3回以上、かつ2週間以上継続して上映された40分以上の作品』とのこと。
そういう基準があるんだね。

授賞式 および最優秀の発表は3月3日に行われます。
“全部を見てるわけではないのだが”わたくし的な予想をしてみようかな。

■優秀助演男優
◎竹原ピストル『永い言い訳』
▲妻夫木聡『怒り』
×東出昌大『聖の青春』
△森山未來『怒り』
〇リリー・フランキー『SCOOP!』

■優秀助演女優賞
▲石原さとみ『シン・ゴジラ』
△市川実日子『シン・ゴジラ』
○杉咲花『湯を沸かすほどの熱い愛』
◎広瀬すず『怒り』
×宮崎あおい『バースデーカード』

■優秀主演男優賞
△綾野剛『日本で一番悪い奴ら』
▲岡田准一『海賊とよばれた男』
○佐藤浩市『64-ロクヨン-前編』
×長谷川博己『シン・ゴジラ』
◎松山ケンイチ『聖の青春』

■優秀主演女優賞
○大竹しのぶ『後妻業の女』
×黒木華『リップヴァンウィンクルの花嫁』
▲広瀬すず『ちはやふる-上の句-』
△宮崎あおい『怒り』
◎宮沢りえ『湯を沸かすほどの熱い愛』

決して ふさわしいというわけではなく。
日本アカデミーの姿勢、パワーバランスなどを考慮した“予想”でございます。

竹原ピストルあたりが助演男優とか選ばれたら「ちゃんと そういうトコ見てるよ」と示せるし。
主演男優はちょっとジャニ―ズ続きで。岡田君にいっちゃうと露骨なので。木村さんと共演してくれてる松ケンさんにぜひ。
広瀬すずにスポット当てるには、主演はまだ早いけど助演ならね。

本音を言えば。
主演男優は『ヒメアノ〜ル』の森田剛に受賞してもらって。「へぇ〜そんな良かったんだ」とレンタルで見た一見さんを「ウゲ〜」って言わせてほしかったのだが。いささか それは無理だったか。
冗談はさておき、実際に森田君役の森田君は素晴らしかったけどね。

助演女優は『ちはやふる-下の句-』の松岡茉優が入っていないのは何故だと首をかしげるばかり。存在感、そして“美”。ズバ抜けてたのだが。

果たしてどんなオトナの事情が発動されるのか。あぁそういうことじゃなくて。
とにかく誰が正当な評価を受けるのか。楽しみです。

後篇に続く。。。
posted by 味噌のカツオ at 22:57| Comment(0) | TrackBack(0) | よもやま話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする