2017年05月05日

動いた5・5

昨夜は体調が良くなかったけど、しっかり水分を摂って寝たら いくらか今日はスッキリな感じ。

時に5月5日。大型連休の真っただ中。
体調の不安はあったし、天気がいいので出かけても人が多いかな〜と思いつつ、車で中川シネマまで。
映画「帝一の國」を見てきました。
DSC_0388.JPG

駐車場は満車。映画も「ワイルドスピード」や「美女と野獣」は混雑してたけど、こちらは余裕やったね。
映画も なかなか面白かったし。満足。

一旦帰宅後、自転車で愛知県体育館へ。
招待券をいただいたので ドラゴンゲートを見てきました。
毎年恒例、5・5の金網マッチ。

DSC_0379.JPG DSC_0386.JPG
こちらもメチャ客入ってて大盛況。
試合も楽しめたけど、全6試合で4時間は長いなぁ。
興行として、もうちょっと…

やることやっての4時間ならいざしらず、ムダなこと含んでこれではね。
夕方4時開始で3時間。7時に終わった方がその後メシも食いに行きやすかろうと。

試合とは別に、そんなことを感じました。

さぁ明日はまた体調整えて多治見に行かなくっちゃだね。
楽しくやってきましょ。
posted by 味噌のカツオ at 22:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月04日

ねつっぽ

今日も岐阜の方へ走りまして、お仕事してまいりました。

それはそれとしてですが。
なんだか体調が良くない感じ。
言うなれば、珍しく熱っぽいというか。

酒飲んだから〜だけではない、頭の熱っぽさ。胃腸の調子も微妙。
なんなら 少し関節が熱を持ってるのか、違和感も出始めまして。

こりゃ早よ寝た方がいいな。
そうこう言いながら、いつもは 雑誌読みふけっちゃったりするんだけど。今回はマジだ。
マジだぞ。

それはそれとして、宝くじ当たらないかな…(笑)
posted by 味噌のカツオ at 22:27| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月03日

レベルが違うんだよぉ

巷では今日から5連休なんて方も多いでしょうが、わたくしは逆に今日明日はお勤めで。
きっと、たぶん、そうだろうな〜と思いつつ、案の定 朝の交通量は少なめで、いつもよりも早く動けましたね。

滞りなく仕事もこなし、いつもよりやや早めの帰路へ。
こちらはいつも通りな感じで帰宅。

帰ってから新日本プロレスWORLDで福岡大会の生中継を観戦。
ただし 間に合ったのはセミファイナルから。

そのセミファイナル「石井×ケニー」の試合は驚きの連続で素晴らしかったし。
そっちがそれだけ盛り上がると、メインのハードルが上がっちゃうぞ〜というプレッシャーの中。

IWGPヘビー「オカダ×ファレ」も好勝負。
ベルトが掛かっていたからか、ファレの動きがいつも以上に良かったし。
それが試合のクオリティを高めてたと言えるかも。

そして試合後のマイクは外道さんからオカダへ。
恒例のパターン…と思いきや。

そのオカダが「全力で闘うからこそ、ケガ人も出ます。でも、プロレスラーは超人です。最後まで諦めないのがプロレスラーです。これからも全力で闘って、みなさんに素晴らしい闘いを見せていくから!まだまだこのプロレス界にカネの雨が降るぞ!」と。。。
しかも いつもの生意気な顔つきではなく、込み上げる思いをこらえるような表情で。

今、リングではなくて病床で闘っている選手の思いを代弁するかのような。
普段 感情を表に出さないオカダからのメッセージ。

もう 予想外過ぎて こっちが涙だよ。
ツイッターの反応からも、多くのファンが胸を打たれたようで。

ビッグマッチの開催が増える中、選手の負担は増える傾向にもあるけれど。
その都度 観客の想像を超える闘いを繰り広げ、マイクでもこんな思いを訴えかけ。

まさにレベルがグングン上がっていってるね。
やっぱプロレスは素晴らしい!!
posted by 味噌のカツオ at 23:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月02日

土曜の夜は…

キムタク主演の映画「無限の住人」が先日公開になりまして。
先日の週末興行ランキングによると…

1位(1)美女と野獣(2週目)
2位(2)名探偵コナン から紅の恋歌(3週目)
3位(-)ワイルド・スピード(1週目)
4位(-)帝一の國(1週目)
5位(3)映画クレヨンしんちゃん(3週目)
6位(-)無限の住人(1週目)
7位(5)SING(7週目)
8位(4)3月のライオン[後編](2週目)

スタートダッシュに失敗みたいな記事が出ておりました。
同じく1週目の「ワイルド・スピード」「帝一の國」を下回ったのかな。

事実だとすれば、確かに厳しいね。
要因は様々だろうけど。

今作はテレビ局のガッツリタイアップは無いようで、キムタク自身がアグレッシブにPR活動も頑張っておられて。
全国ネットの番組だけでなく 地方も回って、試写会の舞台挨拶からローカル番組のテレビ・ラジオに出演など精力的に頑張っております。

まぁSMAPがなくなり、フットワークが軽くなったとも言えるし、自分がやらなくっちゃという意識も大いにあるんだろうね。

テレビ出演であれば、どうですかね、土曜日の夜の「スマステ」なんかには出ないのかな。
あの番組も映画やテレビの宣伝がらみのゲストが大半だし。

それでなくても先日は中居くんも出演して盛り上がってたし。
ほら、元々同じグループのメンバーだったんだから、気心も知れているだろうし。

なんなら…
ファンの皆さんも そんな二人の競演を見たら安心するだろうし。
ん?安心っておかしいか?

それとも出られない理由が、何かあるのかな。
土曜の深夜は家族のために自宅で過ごすようにしてるとか。
ねぇ。
posted by 味噌のカツオ at 22:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月01日

映画×映画

5月1日です。
巷ではGW中の平日。わたくしは今日は予定なし。
そんな 毎月1日は映画の日ってことで、映画を2本見てまいりました。

まずはセンチュリーシネマで「笑う招き猫」。清水富美加と松井玲奈が漫才コンビを演じる作品。
本来は平日のハズなのに、思ったより客入ってましたね。

それこそGW中でお休みだから?映画の日だから?
SKEファン、松井玲奈ファン、あるいは幸福な科学者が見に来てる?

見た人の評価は様々だけど、わたくし的にはメチャメチャ良い作品だったですね。
主演の二人はもちろん、脇を支えるキャストも素晴らしかったし。

清水富美加の女優業から引退について、関わった関係者は口をそろえて惜しいと言っておりますが。
イチ映画ファンのわたくし的にも同意です。

こんな女優が消えてしまうのは映画界の損失だよね。マジで。


引き続いて 笹島の109シネマズアニメ映画「夜は短し歩けよ乙女」を鑑賞。
近くに大学があるからか、こちらも満席状態。

これまた独特な作風で見入ってしまったですね。
もう1〜2週で上映終わっちゃうんだけど。

ギリギリでしたが見ておいて良かったですわ。


さて、明日もわたくし的にはお休みなんだけどね。
もう一本ぐらい見に行くかな?
posted by 味噌のカツオ at 22:48| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月30日

ドラマ見ます

各クールで何がしかドラマを見ておこうと。
ただし1月〜3月はキムタク主演のヤツを第1話だけ見て脱落。

他にもチェックしてた候補はあったけど、さほど評判にならなかったので結局却下。

そして今期。
気になって見始めたのが「リバース」。

湊かなえさんの原作ならハズレはなかろうと。
そして藤原竜也と市原隼人という暑苦しい両巨頭による夢の競演(?)に期待と。

ただし もしかしたら市原隼人は早々に退場しちゃうかもなのだけど。

そしてもう一作。録画して見ていなかったのが日曜劇場「小さな巨人」。
これも「半沢直樹」や「下町ロケット」のスタッフが製作とのことで。

それとなく期待して見てみたら 期待以上の面白さで。あぁこれは引き込まれるわ。
というわけで、第1話&第2話を見て そのまま今夜の第3話まで。

どう進むのか読めない脚本。役者陣の血走った眼でのアツい演技。
そこに長谷川博己と市川実日子の夫婦(「シン・ゴジラ」コンビだね)と三田佳子による息抜きポイントを配するのも上手いやり方だわ。

とにかくこれは見応えあり。

その一方でフジテレビの月9とかは苦戦してるみたいね。
「貴族探偵」とか言っちゃってさ。今どき そんなコスプレキャラの下手なコントに3か月も付き合うヤツおるの?と思っちゃうけど(苦笑)

そういうのを比べちゃうと、やっぱ 一口にドラマと言っても 作り手の熱量、アイデア、チームワーク。いろんな要素でデキの良し悪しは結果となって出てくるよね。
面白いもんですわ。
posted by 味噌のカツオ at 23:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月29日

夫のちんぽが入らない

今年 発売された「夫のちんぽが入らない」(こだま 著)という本が、タイトルのストレートさも相まってヒットしております。
内容は ざっくりと耳にしてはいましたが、その「夫のちんぽ〜」を読みました。

著者の女性が大学に進学。実家を離れて大学の近くのアパートに入居するところから話は始まります。
その後、ある男性と知り合い 恋人となるが、いざ性行為をいたそうとすると、なぜか彼のちんぽが入らないという状況に。

無理やり挿入しようとすると大そうな出血を伴い、その描写もまた痛そうなのだが。

それでも二人は結婚に至り、社会人としての生活が始まるわけですが、そこでもまた彼女を苦しめる問題が勃発。
夫婦関係、仕事の関係、あるいは実の親との関係など 様々な葛藤があり、アラサー世代となる現在まで、約20年の物語が綴られております。

映画ファンとしていろんなストーリーとは向き合いますが、余程気になる原作とかでなければ、本・小説の類に手を伸ばさないわたくし。
かろうじて週刊プロレスは毎週購入しているのだが…

そんな映画を見る感覚で読むと、正直 ある種の物足りなさは感じましたね。
主人公の苦悩と割り切りは提示されていますが、正直 救われる結論までは達しません。
そう、まさに“割り切り”なんですよね。

とても悩んで、苦しんで、それでも日々を暮らしていく中で 思わぬ光を見い出すとか。それはないんだよね。

こんなこと言うと 元も子もないのだが、実際の世の中、そうそう大逆転とか大団円とかはありえないと思いますわ。
なので この物語の主人公のように、アレにもソレにも苦労(のような)状況になり、それに真正面から立ち向かうこともできず。割り切ってやり過ごすというのも、リアルなものなんだと思います。

そのタイトルに惹かれて「面白そうな“珍本”やな」と手に取っても、さほどセクシャルではなく、ある夫婦の苦悩と向き合わされると。
それはそれで悪いこっちゃないけど。

少々気持ちの悪いこと書くならば、もしかしたら二人は前世で兄妹だったのかもしれないし。

結論としての現在の関係は 二人が選んだものかもしれない。
でも もっと誰かに相談をすることで可能性広げることはできたように思うんだけどね。

そう感じるほど、誰かにこの悩みを打ち明けてこなかった著者なのですが。
今回 このようなカタチでの出版に至り。これだけヒットすると、本編の事実関係から 近しい人たちには全てわかっちゃうんじゃないかな。
いっそ 同僚や家族などに、この場を借りてのカミングアウトという側面もあったのかな?
そんな風にも考えた次第であります。

まぁテレフォン人生相談ではありませんが、このように経験談を書籍化することで、同じような悩みを持つ人には参考となるかもしれませんし、「悩んでいいるのは自分たちだけではないんだ」という。そこで光明を与えられることになるのかもしれませんね。
posted by 味噌のカツオ at 01:40| Comment(0) | TrackBack(0) | よもやま話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月28日

すべてはアマゾン

ヤマト運輸が料金を27年ぶりに値上げをすることを、本日発表いたしました。

宅配業界、あれやこれやと大変だという話は出ておりましたが、ネット通販の拡大により荷物が増えましたよと。
しかしながら、それに見合った労働力が確保できないという現状があります。

普通に配送するだけでなく、再配達となってしまう荷物が多いので 1個の荷物に対して何度もお客先をうかがう必要が出てきたりと。
そういう2度手間、3度手間となっていては、価格に見合わないというのは出てくるのでしょうね。

まぁわたくしも そういう利用の仕方はしますが、仕事の時間や休みのサイクルが不規則であったりするので、配達指定も難しかったりして。
そういう客のニーズに合わせた結果の判断ということでしょう。

実際 ヤマト運輸では残業代の未払いに関しても問題となっていますし。
忙しいうえに、見合ったお金が支払われていないとなると、そりゃ人材の確保は難しくなるわな。

さて、そのヤマトでは既に従業員がちゃんと休憩時間を取れるように 再配達の受付時間・応対の時間を短くするという発表もありました。

すなわち、料金はUPして、サービスは悪くなるという取り組みを同時に始めるということなんですね。
これって一般的な企業としてみると、結構な大改革だと思うけどね。

そんなんしたら客から そっぽ向かれる可能性もあるわけで。
それで業績が落ちて、企業としてグラつくのか。はたまた それをやって、やっと人並みの労働となるのか。
なんとも言えんけどね。

まぁそもそもはアマゾンさんの荷物が多すぎることに端を発するのかもだけど。
日本郵便や佐川は ヤマトの動きに追随する姿勢はみせていないとか。

今回の値上げを嫌って、アマゾンがそれらの他社に乗り換えたら、また話は ややこしくなるのかな?
案外 他社の方から「アマゾンは来ていらんわ」と撥ねられるのかもしれんけどね。
posted by 味噌のカツオ at 23:32| Comment(0) | TrackBack(0) | よもやま話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月27日

人材なん?

震災や原発事故に遭った東北。
あれからずいぶんと時は流れましたが。

その復興を指揮する復興大臣も、その時の中でコロコロ変わっていってる印象があります。
昨日は「まだ東北でよかった。首都圏あたりだと、もっと被害が大きかったと思う」という発言…失言…暴言…

とにかく やらかしちまって復興大臣が辞任を表明。
その後任に選ばれたのは、被災地・福島選出の方だそうで。
これを受けて「東北の人でよかった」なんて声も出ておるわけですが。そりゃ否定しませんが。

そういう方が就任するのは、なぜ今回なのかと。
もっと早よ そういう人が担当するべきだったんじゃないの?
どうせやるんだったらさ。

少なくとも大臣というのは、今も昔も 経済に詳しいとか、軍事に長けているとかそういう素養は関係なく、派閥の理論で 順番に大臣のポストに収まるもので。

ただ昔なら いろんな人材がおったように思うけど、近年はたいがいが無名な人というか。なんか“誰でもいい”を通り越して“どんな人でもいい”状態になってるみたいやね。

裏を返せば、それだけ政治のできる人材、政治力のある人材に乏しいということなのかもしれませんな。

それはそれでしょうがないことなのかもしれませんが。
新復興相には 失言をしないことは当然ですが、本当に東北のみなさんのためとなる仕事をしてほしいものであります。
posted by 味噌のカツオ at 22:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 時事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月25日

さぁさ さぁさ

さぁさ、火曜日だよ。
2日間頑張ったよ。
また明日あさっての2日間は また別のベクトルで頑張らなくっちゃだよ。

そのための準備も必要。

それはそれとして、映画も見たい、本も読みたい、週刊プロレスも読みたい。
全然時間が足りないね。

時間が足りないんじゃなくて 時間のやりくりが下手なだけということも考えられるが…

そんなこと悩んでるうちに、やれることを、やるべきことをやりますかね。
さぁさ、今からだよ。
posted by 味噌のカツオ at 22:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする