2016年03月17日

このような事

わたくしもファンであります石井竜也の不倫報道が出ておりました。
「石井竜也(56)が被災地で美女と密会していた」という記事。残念ながら(?)文春ではなく女性セブン誌。

3月11日、震災犠牲者の追悼と被災地復興を祈願する法要が開かれ、石井は震災への思いを語りながら、グランドピアノの演奏をバックに、5曲の献歌を捧げた。
その後に高級ホテルの一室にチェックインし、20代の女性と一晩を過ごしたと。

その女性は身長170cm弱とスタイル抜群で、あびる優似の美女。
あぁあびる優ですか。

この報道を受け、石井は公式サイトで「二度とこのような事のないよう」と謝罪のコメントをアップ。

ファン目線というのはさておき。
もちろん不倫はアカンことですが、所詮は男女のことなので、第三者がヤイヤイ言うのはね。余計なお世話だと思います。
「二度とこのような事〜」はこの場合バレる事のことだったり。。。
それはさておき、今どきの言い方するなら「ゲスいなぁ〜」ってのはあるけどね(笑)

そもそもひと昔前であれば「芸能界なんて そんなん当たり前じゃね」って風潮もあったように思うし。なにより、ちょっとダメなプレイボーイという てっぺいちゃん(石井さんの愛称ね)のキャラってのも守られた…は言い過ぎか(^-^;)

お相手の女性は 元々石井さんのファンであったというわけで。一部では「ファンにもチャンスあるのね」というやっぱりゲスな意見もありました。
逆に56歳のおっさんでも20代のオンナいけるんや〜と。
いずれも夢あるなと(苦笑)

ゲス&ベッキーに文枝師匠にと いろいろ出ておりますので。みなさん気をつけないとね。
posted by 味噌のカツオ at 00:23| Comment(0) | TrackBack(0) | よもやま話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年03月16日

ホラッチョ

これまた“センテンススプリング”週刊文春から出た話題なのですが。
「報道ステーション」や「とくダネ!」でコメンテーターとして活躍している経営コンサルタントのショーン・マクアードル川上(ショーンK)氏が、学歴を含む経歴詐称を行っていたと。
そして騒動を受け、各番組の降板を発表しました。

そんな中でも今春スタート予定のフジテレビの夜の帯ワイド番組「ユアタイム〜あなたの時間〜」のメインMCも降板するとのこと。
元TBSアナウンサー小林悠の「NEWS23」に続き、放送前の降板というこっちゃね。

まぁ学歴についてはさ、こういう立場の人って“下駄をはかせる”ような書き方しちゃうもんだよね。
と思いきや。。。

米テンプル大卒業とあるが実際には卒業しておらず。ハーバード・ビジネス・スクールでMBAを取得とあるが、実際はオープンスクールに出席しただけで単なる「高卒」であった。
世界7カ所にあるという会社はペーパーカンパニーだった。
実際はハーフでもなんでもない熊本出身の日本人だった。

とかいろいろ(笑)
さらには・・・

会社サイトにパートナーとして掲載された外国人男性2人の写真が別人であると。
高校時代の写真に現在の面影はなく、整形をしている可能性も。
極めつけとして、同級生からは ほら吹きを意味する「ホラッチョ川上」と呼ばれていた。


テレビ局もプロフィールだけを頼って使ってたわけではないだろうけど。まぁソコソコのコメントができて、イケメンだからってのはあったでしょうな。間違いなく。
でも見事なウソっぱちで。ちょっとした結婚詐欺師的な。

テレビでこの人を見てなんとも思ったことないけども、ここまでくると逆に面白くなってきたわ(^o^)
大きいくくりで言うなら五輪エンブレムの佐野氏と同じ枠やね。

しかしフジの新番組のMCが こんなことで〜ってのは。
フジテレビが“持っていない”のか、見る目が無いのか。
それはそれで面白くなってきちゃうんだけど(^o^)

この人、今後どうしていくのかな?
posted by 味噌のカツオ at 22:21| Comment(0) | TrackBack(0) | よもやま話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年03月10日

生きる責任

東日本の震災から明日で5年。早いもんだね。
確かあの日も金曜日だったはず。

大垣での仕事からちょっと長い帰り道。ラジオを聴きながら「何が起こっているんだ?とにかく尋常ではなさそうだ」と。

そして帰宅後に映像を見て「なんでこんなことになっちゃった…」「なんかの間違いじゃない…んだよね」と呆然としてましたね。

何よりも多くの方の命が奪われました。生きたいと思ってた方も多いでしょう。こんなことで命を奪われるなんて、さぞかし悔しかったことでしょう。

その一方で自ら命を絶つ者もいる。
なんでや。

震災の被害に限ったことでもないけれどね、生きたくてもそれが叶わないものもいるんですよ。それなのに、なんでそんなことができますか。

僕らは生きる責任というのがあるのかもしれないですね。
前向きでも後ろ向きでも、とにかく…
posted by 味噌のカツオ at 23:27| Comment(0) | TrackBack(0) | よもやま話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年03月07日

風邪ひいてる?

ネットのトピック見てたら…
「風邪ひかなくなった」は実は危険? 疲労の種が長年蓄積か』なんてのを見つけました。

あるある〜心当たりある〜ですよ。

実際にわたくし自身も ここ数年風邪をひいておりませんで。
たぶん、おそらく、体調崩して倒れたら周りに迷惑かける、収入も減ると。いろんな意味で緊張感、気を張っているから風邪をひいていないんだろうなと、そのメカニズムを自己分析しております。

ただし、このネットの記事の要旨では…
急速なIT化により目と脳を酷使。その結果「脳疲労」という状態に陥ると。
その緊張状態が続いて風邪をひきにくくなるが、その後一転して風邪をひきやすく 治りにくくなってきます。そこから一気に うつ病を発症する人が増えているんだそうな。

わたくしはそのあたり自分で意識しているので、そうそうやられないであろうと考えているけれど。
でありながら、先週末からちょっといろいろやられてるトコもあるのでね。

それとなく大変だけど、頑張りましょう。
もうちょっと頑張れば…余裕ができると思うので。

それまでは日々の酒と週末のおしゃべりでバランスとりながらね(苦笑)
posted by 味噌のカツオ at 23:51| Comment(0) | TrackBack(0) | よもやま話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年02月24日

KGB

マクドナルドが行っていた“名前募集バーガー”の正式名が決定しました。

日本マクドナルドが発売した新バーガーに関して、お客さんに名前をつけてもらおうと公募を行っていたもの。
その商品の特徴をそのまま名前にすると…

「北海道産ほくほくポテトとチェダーチーズに焦がし醤油風味の特製オニオンソースが効いたジューシービーフバーガー(仮称)」

というものでした。
なんと500万件を超える応募が集まった中で正式に決定したのは「北のいいとこ牛っとバーガー」でした。

残念!!

イメージ、業績 共に下降気味のマクドナルドにあって、今回の企画は普通に面白いものだったし、実際に食べた感想も普通に美味しいものでした。
そこで素晴らしいネーミングが発表になったら いい意味で勢いづくところだったのに。
なんか置きにいった感じするね。
残念!!

「北のいいとこ牛っとバーガー」確かにそうなのかも知らんけど、そのまんまのネーミングであり、長さが中途半端で。
ビッグマック、チキンタツタ、てりやき…一言で言えるものの方が印象がいいと思うんだが。

そもそも もっとキャッチ―である、遊び心に訴えかける、とんちがきいている、想像の斜め上を行く。そんなのなかったんかいな。

ちなみにわたくしも応募したんだけど、わたくしの案は「NBマック」というもの。
アメリカに頼らない「日本 ブランド」の商品。新スタートの象徴として「NEW BEGIN」。あとは「名前 募集」の略。
あぁこれはこれでイマイチですか(苦笑)

でも そんなアルファベットの略称で表現するのであれば。
「(K)北のいいとこ(G)牛っと(B)バーガー」。
KGBでどやさ!?
posted by 味噌のカツオ at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | よもやま話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年02月23日

不倫の代翔

昨今では不倫にまつわるスキャンダルがいろいろ。
そんな中で意外性を持って報道されたのが桂文枝師匠の不倫疑惑。

元演歌歌手(既に引退している?)の女性が20年に渡って不倫関係にあったと告白。
これに対し文枝師匠は不倫関係を否定したうえで騒動を謝罪。

まぁなんやようわかりませんが…

世論的にはイマイチ真偽のほどがわからないし、もう師匠ほどの方であれば〜なのかイマイチ盛り上がらず。
まぁゲス&ベッキーは両者とも人気者だし、方や新婚だったり、インパクトあったからね。

さすがにそういうのと比べるとまぁなんとも。
この話題に関連して師匠のお相手とされる女性のお写真も見たんですが…やっぱりなんとも(苦笑)
c-en.jpg

いや、でも どこかで見覚えがあるな〜と思ってたんですが。
もしかしたら この方かな?
ayano-k.png

どやさ?似てませんかねぇ!?
posted by 味噌のカツオ at 23:11| Comment(0) | TrackBack(0) | よもやま話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年02月14日

リボンさん

こないだ自転車で走ってたら、向かいからランニングをしてる男性が。
ただその男性。頭にリボンみたいのを着けている。
なんで!?

イメージとしてはドラミちゃんがつけてるようなリボン。しかもキラキラしてる。
なんで!?

そういう趣味の方ですかね。
それにしてはなかなか堂々としておるもので。

そうこうするうちに距離が縮まって、割と横目で気にしてみてたら…

リボンに見えたのは…サングラスでした。
黒ではなく、ミラーコーティングされたタイプのサングラス。確かによくランナーの方が着用してますな。
それを おでこではなく頭の上のあたりに引っ掛けてあったので、離れたトコからみるとカワイらしいリボンに見えたというわけ。

でもまさかご本人は そんなカワイらしく見えてるとは思いもしないでしょうけど。
わたくし的には 忠告しておきたい感もあるんだけどね(苦笑)
posted by 味噌のカツオ at 23:45| Comment(0) | TrackBack(0) | よもやま話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年01月29日

あぁ休演

今日の話題を見ていると「ベッキー休演」という見出しがいっぱい。
関西テレビ、日本テレビ、そしてテレビ東京の計6番組で出演を見合わせると発表がありました。

これだけ一斉に…とは思いましたが、記事を見ると やはり事務所側からの申し出によるものだとか。
となると 当然他の番組にもお声掛けしてるでしょうから、完全に姿を消すことになるかもですな。
アレは休んでコレは出てでは整合性がねぇ。

あくまでイメージですが、これまでが わりと優等生な感じだったので、今回の騒動はギャップも激しいし。
あとは流出したLINEの内容が致命傷でしたな。

さて 今回の報道の中で微妙に気になったのが、そうです“休演”というワード。
お芝居などが開催されない日を“休演日”みたいには言いますが。まぁ意味合いとしては“降板”ではなく、出演をお休みする…の休演なんでしょうが。
率直に言えば違和感あるけどね。

でも今のベッキーに本当に必要なのは休演よりも救援だったりして。。。

以上、本日はこんなオチで。
posted by 味噌のカツオ at 22:42| Comment(0) | TrackBack(0) | よもやま話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年01月28日

文春最強説

“政治とカネの問題”に関連して、本日 甘利経済再生担当相が閣僚を辞任しました。

報道によりますと…
「秘書が建設会社の総務担当者から受け取った金を個人的に使っていたことなどがわかり、監督責任をとって辞任するという」とのこと。

会見を受けて 一部では号外なんかも出たそうですが、この疑惑の報道が出た直後から「これはアカンやろ」な雰囲気漂いまくってたので それほど驚きはなかったけど。
ただ決断、割と早かったな〜ということは言われておりますが。

さて、この件をスクープしたのは かの週刊文春。
そうです。いまや「センテンススプリング」としてもおなじみの文春。
そのセンテンススプリングというワードを引き出した「ゲス&ベッキー」も文春さんのスクープ。

んでもうちょっとさかのぼると、SMAPの解散騒動の引き金となったのは、やはり文春に掲載されたメリー喜多川副社長のロングインタビューと言われております。

はぁ〜たいしたもんだ。
ぶっちゃけ今の日本を動かしているのは週刊文春なんじゃないか?と。そんな思いさえするわけであります(笑)

確かな内容、破壊力。そしてパンチを小出しにしてくるという“いやらしい”技も持ってますから。
この手の報道媒体について“マスゴミ”なんて揶揄する向きもありますが、文春さんはそういうことではくくれない域にきてるのかな。

だからといって「もっとやれ〜!」とか煽るつもりもないけれど、他社も負けずに良質なスクープを出すとかして、良い意味で業界が成熟すれば…ね。
posted by 味噌のカツオ at 23:39| Comment(0) | TrackBack(0) | よもやま話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年01月27日

相乗効果

『LINE、アカウント引き継ぎ方法を変更』

いきなりなニュースに目を奪われました。
わたくしごとですが、スマホの故障による LINEの引継ぎにはなかなか苦労したもので。思うところもボチボチ。

とは言うものの。
今回変更になるのは使い勝手からの話では無く。きっかけは例の件でしょう。
あの報道をきっかけに「LINEは簡単に流出してしまう」と「LINEのセキュリティは脆弱である」と。そんな事実がバレてしまうと…いや、思われてしまっては企業としてはイメージが大ダメージに。

何がしかの対応が〜と早急に動いた結果でしょうね。

そんなわけでほぼほぼ面白く報道されてる例の件が企業を動かしたとも言えるわけだが。
その功労者は果たして「ゲス&ベッキー」なのか「センテンススプリング」なのか。

単純に相乗効果か?
posted by 味噌のカツオ at 23:13| Comment(0) | TrackBack(0) | よもやま話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年01月21日

ありがとう文春!

タレント・ベッキーと「ゲスの極み乙女。」ボーカル・川谷絵音の新たなLINE画像が流出。
一部では「全く反省してない」とか言われてますが、時系列として ベッキーが会見を行った前日のLINEなので そのツッコミは的を得ていないかも。

それはさておき。その会話の中身は…
『逆に堂々とできるキッカケになるかも』(川谷)、『私はそう思ってるよ!』(ベッキー)、『ありがとう文春!』(川谷)『ありがとう文春!』(ベッキー)

とまぁそんなノリで。

ただ非常にマズいのはこのワード。
『センテンス スプリング!』(ベッキー)

これはアカン。ネタとしてハズい。
嫌いじゃないけどな。

そうではなくて。もうひとつ。
『それに不倫じゃありません!』『略奪でもありません!』(ベッキー)

どういうつもりなのかわからんけど、少々はしゃぎ過ぎだよね。ますます立場無くなるわな。
テレビはさておき、やっぱりCMのキャラクターとしてはね。そっちはイメージとか清潔感とか大切やからね。

人を好きになるのはしょうがない。タイミングの良し悪しがあるのもしょうがない。
でも世間体には逆らえないよね。

どうでもいいことだけど、全国の文春(フミハル)さんは これから『センテンス スプリング』とか呼ばれちゃうんだろな。。。
posted by 味噌のカツオ at 23:01| Comment(0) | TrackBack(0) | よもやま話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年01月19日

あとは時間が…

昨夜の「SMAP×SMAP」生出演の“余波”が続いてますね。
さすがにアレで全て丸く収まったという意見は少数派。
まだまだ騒動は尾を引きそうです。

そんな中、昨日は利用者が集中したからなのかTwitterがダウンしました。
そして本日はBPO放送倫理・番組向上機構のサーバーがダウン。何やら昨日の会見はパワハラ的」だ「公開処刑」だと、そういった苦情が寄せられたからだとか。知らんけど。

ん〜日本人はいつからこんなにバカになっちゃったんだろうかと、断定して憂いてしまいますが。
ジッとしていられない、黙って見ていられないという思いはわからんでもないけれど。

でもその行動力を例えるならクレーマー体質であり、モンスターペアレンツっぽくもありだね。

昨日の会見。5人の並びはセンターにキムタク。リーダーの中居くんは向かって左端に。
コメントの頭も締めもやはりキムタクが。

なんだかなぁ〜と思いつつ。でも一般企業で大きな“不祥事”があったら社長やら責任者やらの降格は免れないわけで。
今の中居くんの立ち位置がそうなるのは…そういうことなんでしょう。

そして、一応SMAPは今後も継続と言われておりますが。
もし5人全員が飛び出していたとしても別の事務所でSMAPの4文字を名乗ることはできなかったでしょう。
残るとか戻るとかはさておきSMAPという看板を守ったのはキムタクの決断あればこそと言えるのかな。

それからイチ社会人感覚で言うなら、独身者と既婚者の考え方の違いもありえるかもね。

一旦は峠を越えた感じにはなっていますが、まだ今後もあることないこと、憶測も含めて報道は続くでしょうし、通常の仕事の中でもぎこちなさは…止むを得ないところでしょう。
あとは、時間が解決してくれるのを待つしかないだろうね。
posted by 味噌のカツオ at 23:24| Comment(0) | TrackBack(0) | よもやま話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年01月13日

スマップロレス

何よりも今日は新聞で報道されたSMAPの分裂・解散騒動に尽きますな。
ようは事務所内のゴタゴタでキムタクを除く4人が退社。SMAPは解散になると。

プロレス界ではそういった分裂騒動は度々あることでして。
フロント・背広組の人間関係がこじれての独立。それに数名の選手が追随して団体が分裂すると。

なので、プロレスファンとしてはこの手の騒ぎには免疫はある…というのはちょっと変?(苦笑)

さて、大きく分裂・解散とはされていますが、一部では問題は回避されているはずという話も出ています。
これはプロレスの歴史になぞらえると、第2次UWFがフロントと選手で分裂。しかし一致団結したはずの選手間での話し合いが決裂し、3派に分かれてしまったということと合致しますな。

こんなもん古いプロレスファンしかわからんだろうが。

しかしまぁ当のSMAPのメンバーも 40歳台で“アイドル”と呼ばれるような活動を続けるグループの前例がないので、自分たちが どうなっていくのか どうしていくべきかの過渡期であったのは確かでしょう。
キムタクなんかは そういったことを見据えて“わざと”一人残ることを選択したようにも思うけどね。

かつて全日本プロレスが揉めたとき、「俺は残る」と即決した当時のチャンピオン・諏訪魔と似た動きだよね。プロレス界的には。

AKBなんかは厳密にいうと、様々な事務所に所属するタレントの集合体であったりするんだよね。
かといって今後別事務所になっても、5人が集まって「SMAPです」と名乗ることはできないので。

さて おそらくこのままいくのであれば、報道の通りになってしまうんでしょう。
ウルトラC的に5人全員続けるという結論になったとしても、今度は見る側の意識のバランスが難しくなるし。

結論は一瞬ですから。それほど時間かからないうちに決着はつけるんだろうね。
posted by 味噌のカツオ at 22:42| Comment(0) | TrackBack(0) | よもやま話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年01月07日

オモテあっても ウラない 2016

今日は年明け恒例のこの話題。

「人間を血液型で分けたら4種類しかいなくなっちゃう」と申しますが、星座や干支などを絡めたらもっと細かく人間性を分析できるのでは?というのがわたくしの持論。

さてさて 今年も紹介しましょう。フジテレビ「最強運決定SP」のサイト。
これは性格診断ではなく 2016年の運勢を占うというものですが、12(星座)×12(干支)×4(血液型)=576通りの占い結果がでるというシロモノ。

毎年仕様が変わってきているようで。どうやら基本的にはスマホかケータイで使うように設定されているようで。でに基本の順位だけであればPCでもアクセスできるみたい。
もし興味あったら『コチラ』からどうぞ。順位の判定だけであれば無料でできますので。

ほんじゃ今年も変わらず「みずがめ座・イノシシ年・AB型」のわたくし。
データを入力してみたところ・・・でましたっ!

576位中116位!!

ちなみ過去を紐解いてみたところ、
2007年は178位。
2008年はなんと下から8番目という569位。
2009年はグ〜ンとアップしてまさかの68位。
2010年は89位。
2011年は438位。
2012年は505位。
2013年は73位。
2014年は230位。
2015年は436位。

ただし…実際のところ569位だからってキツいことがあったわけでもなく、68位の年が飛び切り良かったって心当たりも無く。早い話が例年低調で(爆)
そんで今年は116位と。お、おう、そうですか。順位は悪くないが、微妙に受け身を取りにくいレヴェル…(苦笑)

さぁあなたも、レッツ運勢!!(o^-')b
posted by 味噌のカツオ at 22:46| Comment(0) | TrackBack(0) | よもやま話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年12月21日

25日の満月

月齢カレンダーによると、今年のクリスマス〜つまり2015年12月25日(金)は満月の表記になっているそうです。

これはかなりめずらしい一致であって、満月とクリスマスが重なるのは、前回は1977年。つまり38年も前のこと。
そして次回は19年後。なんと2034年にならないと「クリスマス=満月」はやってこないんだとか。
ちなみに、満月がもっとも大きく見えるのは20時11分だそうです。

ということは、もしかしたら、子供たちにプレゼントを配り終えたサンタさんが、満月の前を横切っていく…
そんな光景に出会えるかもしれませんね。

あぁ〜マロンチックだなぁ。そりゃ栗の方だね。
そうでなくって、ロマンチックなクリスマス満月。

略して「クリ満」ですよ。
25日の夜は天気が良ければ ステキなクリ満が拝めるかもで〜す!!
posted by 味噌のカツオ at 22:16| Comment(0) | TrackBack(0) | よもやま話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年12月09日

瓜三つ

分裂騒動で揺れる維新の党。その現在の党首は松野氏。
その松野氏の娘さんが「第48回ミス日本コンテスト2016」のファイナリスト13人に残ったとのこと。

001mji.jpg
娘さんは慶応大学文学部2年の松野未佳さん。現在20歳。
そういう場に選出されるというのは確かにおきれいな方ではありますが、本人曰はく…

「外面は顔が父にそっくりと言われることが多く、ちょっとそれがコンプレックスなところがあります(笑)」

ん〜言われてみれば、そう見えなくもないかな。

でもお父様の事で言うならば、ときどきテレビで見かける洋食店・たいめいけんの茂出木シェフに似てると思うんだけどなぁ。
001m.jpg 00mig.jpg

この何やら黒光りしてるような感じとか。
似てない?どやさ?
posted by 味噌のカツオ at 00:02| Comment(0) | TrackBack(0) | よもやま話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年12月08日

ウェザー&ティアーズ

『生放送中に泣き出したNHKお天気お姉さん』
の件が先週から話題になっておりました。なんなら様々な民放全国ネットの番組でもトピックとして、あれやこれや語られるネタに。

いきさつは このお天気キャスターの解説と映像が全く合わなかったと。あぁ言えば別の画面。こう言えばまた別の〜と。
その結果、涙と。

同番組では以前にも同様のミスがあったとのことですが…

その程度のミスで泣くなという意見もあります。もしかしたら“慢性的に”このキャスターへの嫌がらせなり いじめなりがあったのでは〜という推測も。

確かにスタッフが わざと違う画面を映したのだとしたら相当に悪質。
あるいは単純なスイッチングミスだとしたら大バカ野郎。
結局スタッフがアカンのと違うか?
ワシはそう思う。

往々にしてテレビでのこういう状況では、キャスターに対して「あれ言って」「これ言って」と指示が入るもの。
んで それに従ったらまた変な風になり。次に従ったらまた違う画面になり。
かといって出入り業者のキャスターさんにしてみたら、あまり強くも言えずで。

いろいろたまったものが噴き出てきた感もあるんじゃないかね。「スタッフがアホやから天気読まれへん」的な…ね。
ついでに「わたしの心は雨模様」とか言っちゃってくれたら、それはそれでまたシャレオツでしたが。。。

その後、3日間お天気コーナーを欠席したそうですが、今週になり『涙のお天気お姉さんが出演再開』ということで、ひとまずは落着ということかな。

ちなみにこのキャスターさん。現在39歳で、2010年に気象予報士を取ったとか。
39歳にもなって その程度で泣くなよ〜という意見と共に、39歳でお姉さんもなかろうかと。“お天気キャスター”でええやん。

やぁもちろん“お天気お姉さん”と報じたのはどこぞかの記事であって。本人は“お姉さん”と言い張ってはおらんでしょうが。
とにかく、これにめげずに頑張ってほしいものです。
posted by 味噌のカツオ at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | よもやま話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年12月07日

M-1グランプリ2015

5年ぶりに開催となるM-1の決勝が行われました。

当日の午後には敗者復活戦(20組出場)の中継もありましたが、それは途中までしか見られずで。
とりあえず夜の決勝を視聴。

いきなりメイプル超合金と馬鹿よ貴方はが異色のテイストのネタを披露。いろいろ大丈夫かと(苦笑)
つづくスーパーマラドーナ。事故で死ぬとか、そういう設定はやっぱ素直に笑えないわ。そういうのを入れなくても面白いものできませんかねぇ。
和牛。なかなか屁理屈っぽくて。悪くはないよ。

ジャルジャルは確かにちょっとしたミスでも命取りになるであろう言葉を駆使したネタ。
でもやや意外性に欠けると思ったなぁ。
そして銀シャリ。古いタイプかもだけど、漫才らしい漫才。安心して笑えました。

ハライチこれまでの澤部のノリでつなげるパターンとは違うネタ。その意気は良いけど、正直 完成には至ってなかったかな。もともとファンなだけに「惜しいな」と。
わたくしの大本命タイムマシ―ン3号。だんだん盛り上がっていくデブネタ。ただ後半でガリガリに攻守変わる構成はお見事と思ったけど、審査員の評価は得られなかったか。

そして敗者復活で勝ち上がってきたのはトレンディエンジェル。
昨年の「THE MANZAI」でも好成績だったし、敗者復活の視聴者投票でもダントツの得票だったですね。
こちらはハゲネタを巧みに(?)使いこなし、いい笑いを作ってました。

結果、勝ち残ったのは ジャルジャル、トレンディ、銀シャリ。
あぁタイムマシーンは4位か。残念。

最終決戦。
銀シャリはホントにいい感じで漫才を見せてくれます。こういうのは好感です。
トレンディはやはり独自の世界観にハゲも織り込むネタ。
ラスト、ジャルジャルは1本目と同じパターンで言葉を変えたネタ。
う〜ん、かつてパンクブーブーが似たようなことやって、2本目はウケなかったというのあったけど。笑いのポイントが同じなので、どうしても新鮮味がなくなるよね。

という中で、9人の審査員が選んだのは、トレンディエンジェル!!

彼らの優勝決定後のコメント。
「パズドラ、課金します」って、別のゲーム企業がスポンサーに入ってるので“大丈夫か?”となりまして。
ネット上ではやはり その辺りツッコまれてるみたいだけど。

もひとつ言うなら、メリットシャンプー使うと あのヘアスタイルになるのか!?と。
そういうクレーム入らんかと心配しちゃったけどね(^-^;)


さて、全体に“ハズレ”はありませんで、いずれのネタも笑えたので その点は満足です。
コントの大会、ピン芸人の大会、あるいは「THE MANZAI」とはまた違った雰囲気ありましたね。いい緊張感とワクワク感。

そして今回 審査を受け持ったのが、過去優勝してきた芸人9人という斬新な状況。
優勝。すなわち これまでに「正解」を導き出してきた漫才師たちが、説得力を持って審査にあたると。

先輩、後輩、あるいは同期。いろんな人間関係やしがらみもある中で、難しい役どころを引き受けたのもスゴいことだと思うし、結果 良かったんじゃないかなと。

誰が担当するにしても 文句、不満は出てしまうのが審査。間違いなく審査員の平均年齢は 最も若かったことでしょう。
でもその分“僕らのM-1”と言えるのかな。
15年かかって実現した審査スタイルやね。


前述の通り同じ漫才のコンテストであっても「M-1」と「THE MANZAI」では似て非なると言うべきか。
フジテレビの下世話さ。始まる前にビートたけしのひと騒動で削がれる集中力。そういうの無くってね。

正直、途中で客席の芸能人がインサートされるとイチイチ鼻につくんだよね。
今回はそういう“演出”はなかったし、最終決戦のネタ中は司会者・審査員の顔も写さず、ネタのみを集中して見せてたはずで。いや、当然のことだよ。それが。


5年の時を経て復活したM-1ですが、今後も続くのかな。
もちろん続けてほしいです。漫才、笑いを絶やさないためにも。
posted by 味噌のカツオ at 01:28| Comment(0) | TrackBack(0) | よもやま話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年12月05日

競馬のハナシ…だよ

明日は中京競馬場でGT・チャンピオンズカップが行われます。
出馬表を見てあることに目が止まりました。

ooogure1.jpg
唯一海外からの出走馬 14番のガンピット。
香港の競馬で3連勝してる馬ですが。

前走、この馬の2着に入っていた馬の名前が「エロイコ」となっております。
ooogure2.jpg

あぁこういう馬にも日本で走ってほしいですね。
実況で「後方からエロイコが差してきた、ものすごい勢いで差してきたエロイコ!」とか。
想像すると興奮しちゃいます。
あくまで競馬的にだよ…(^^;)
posted by 味噌のカツオ at 23:07| Comment(0) | TrackBack(0) | よもやま話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年12月04日

誰がために

立花隆「めくら」発言にNHKが謝罪 「文脈から判断すべき」「言葉狩り」と疑問の声』という話題がありまして。

NHK「クローズアップ現代」の番組内で評論家の立花隆さん(75)が「めくら」と発言したことを受け、国谷裕子キャスター(58)が「不適切な表現」だとして謝罪した。

といういきさつ。
“放送禁止用語”あるいは“放送上不適切”というワード。いろいろございます。
性的であったり下品であったりで的さないものもあれば、一部の方に対し差別的である〜といった意味合いでそうなるものも多いです。

たとえば…ってわざわざ書き出すのもアレなんだけど(苦笑)
でも逆に、今の若い子…いやそれ相当な大人でも、何が良くて何がいけないのかわからない人も多いんじゃないかな。
それこそ若い人であれば当該の「めくら」も意味が分からないんじゃないかと思うし。

わたくしが若い頃は「天才バカボン」の再放送なんかで一部セリフが無音にされていたり、ロックバンド・アナーキーの曲なんかで歌詞の一部が「ブー」というブザー音で消されてたりしたもんで。

歌詞であれば前後の文脈で推測したり、やライブに行ったらこう歌ってたとかで分かったりしたもんだけど。
アニメのセリフであれば、差別用語でもおかまいなしにしゃべる じいちゃんや ばあちゃんの会話から聴いたりしたもんでした。

わたくしなんかは そういう実体験を通して、何が良くて何がいけないのかを学んだわけで。

でも昨今ではそういったギリギリなワードをメディアから聞くこともなくなり。そうなると日常で耳にすることもなくなりで。
うちに それら差別用語というのもの自体が日本語として消えていく、少なくとも遠くなっていく気がしますね。

そもそも差別用語なんてものは、それとされる人たちが傷つくということで放送上不適切とされてきていると思うんだけど。
でも実際に抗議・クレームを出すのは第三者の方たちのような気がする。

「そういう言葉を使うと、そういう人たちが傷つくぞ!」みたいなね。
であるとするならば、何かが歪んでるようにも思えるんだが。

でも「○○軍の基地外」とか聞くと無駄にハッとさせられるんだけどね〜(^o^;)
posted by 味噌のカツオ at 23:09| Comment(0) | TrackBack(0) | よもやま話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする