2017年01月20日

恋にも仕事にも頑張る女の子

先日見た歌番組に E-girls が出ておりました。

最新シングル曲「All Day Long Lady」。
歌う前に「恋にも仕事にも頑張る女の子の歌」という前フリを聞いてから見てたんだけど。

画面の下に出てくる歌詞を見てますと。
わたくし的には なかなかの衝撃で。

何がどう衝撃だったのかは割愛しますが。
背中に漂う寒気と闘いながらそのパフォーマンス、そして歌詞に見入っていたわたくしでした。

ん〜歌詞だけ見るとアレだけど。
曲に乗ると なんてつまんない。。。


「All Day Long Lady」

Monday morningのアラームが 鳴り響いてる
ring ring ring 起きなさい
breakfastの時間はない シャワー浴びたら
quick quick quickとメイクして

さぁ 1週間が また今日からはじまったのよ
feel so fresh fresh fresh
ヒールが高めのパンプスで 歩き出していくわよ

All Day LongのLady
恋も仕事もやりこなす女なの 毎日戦ってるの
All Day LongのLady
朝から晩まで無我夢中生きるのよ そういうのが好きよ

Monday Tuesday Wednesday
Thursday Friday Saturday

苦手な上司はどこにでも 生息してるわ
トントン毎日叱り
いつでも笑顔は武器になる 涼しい顔して
quite quite quiteと流して

目がチカチカする 目まぐるしい
やることたくさんで おつかれさま
ランチタイムまであと10分 どこでなにを食べよう

All Day LongのLady
恋も仕事も 手を抜かない 気を抜かない そこそこなんて嫌よ
All Day LongのLady
楽しまなくちゃ もったいない 生きるってそういうことなのよ

Monday Tuesday Wednesday
Thursday Friday Saturday

Tokyo Cityは眠らないまち でも私はぐっすり眠る
そして日曜だけ一日中 あなたと過ごすHappy Sunday
Shine? Rain? 明日も晴れるわ

5! 4! 3! 2! 1!
原宿culture watcherでいたい
ときどきハメもはずしていたい
freeな格好しながら 肩で風切る女でいたい
最近特に元気ないみたい
案外なんだか活気ないみたい
憂鬱なんてつまんない
posted by 味噌のカツオ at 22:23| Comment(0) | TrackBack(0) | よもやま話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月19日

CMチェンジ

『モデルや女優、歌手と幅広く活躍するすみれが、ボートレースのCMキャラクターを降板。新年から渡辺直美へ"急遽"変更されたことが話題になっている』

石田純一と松原千明の娘ということでも話題だった すみれさん。
CMの降板だけではなく、今や芸能活動を全てキャンセルしてハワイで過ごしていると。そして一説には精神的に仕事をできる精神状態ではないとのことで、自らCMの契約更新を断ったとか。
何が原因なのかは誰もわからないとのことだけど。

ぶっちゃけ言ってしまえば。
この人が日本の芸能界でそんなに魅力的なタレントさんとは思えなくてね。
プロフィールであったり、スタイルがいいとかは否定しませんが、日本語が完璧でもないのでトーク力弱いのよね。

そういう意味で微妙なトンチンカンな会話で 面白いとか、カワイイとか、そういうキャラでもないし。
なんでこの人がこんなにプッシュされてるのかはよくわからなかった。

かつて好きだった「チューボーですよ」のアシスタントがTBSの女子アナからすみれさんに変わって、グッと面白味がなくなっちゃって。
堺キョショーとアシスタントとのやりとりは面白味だったのに、この人がどんどん英語でしゃべって、伝わらなくなっちゃったし。
小柄なキョショーと並んだら背が高すぎてバケモノみたいなバランスやったし。

確かにそういう言い方しちゃ失礼なのかとは思うけど。
昨年末に「チューボーですよ」早々終了の方が流れたときのニュースコメント見たら「アシスタントが変わってから見なくなった」という声が多数上がっており。あぁやっぱみんな同じ感触だったのねと思ったもんです。

そんなすみれさんに変わり、ボートレースのCMキャラクターは渡辺直美が担当することに。
突然の降板でドタバタだったそうですが、以前に同イメージキャラクターを務めておられた縁もあり、渡辺直美さんに落ち着いたとか。

それに異論はないのだが。
この二人。印象が全く違うよね。ビジュアル的にね(苦笑)

ただし、一般論としては 誰がCMをやるのかよりも、ちゃんとボートレースを想起させる内容のCMにしろという声多数だそうな。
なるほど。

とりあえず、直美さんボートに乗ったら沈みそう。
とは思ったよ。
posted by 味噌のカツオ at 22:40| Comment(0) | TrackBack(0) | よもやま話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月17日

しまる“日アカ”後篇

「第40回日本アカデミー賞」の受賞者・作品が発表になりまして。
昨日は男優・女優の賞の“予想”をいたしましたが、今回はそれぞれ作品について。

“全部を見てるわけではない”ので。
いかに ふさわしいという評価や希望ではなく。
日本アカデミーの姿勢、パワーバランスなどを考慮した“予想”でございます。

■優秀アニメーション作品賞
◎『君の名は。』
▲『聲の形』
○『この世界の片隅に』
△『ルドルフとイッパイアッテナ』
×『ONE PIECE FILM GOLD』

■優秀監督賞
◎庵野秀明(総監督)/樋口真嗣(監督)『シン・ゴジラ』
▲新海誠『君の名は。』
△瀬々敬久『64-ロクヨン-前編』
×中野量太『湯を沸かすほどの熱い愛』
○李相日『怒り』

■優秀作品賞
◎『怒り』
△『家族はつらいよ』
○『シン・ゴジラ』
▲『湯を沸かすほどの熱い愛』
×『64-ロクヨン-前編』

パッと見で思ったのは『64-ロクヨン-前編』とはあるが、後編は入っていないのか。
確かに前編は評判良かったけど、後編で尻つぼみになったって言われてたけどな。

さてさて。ここから予想ですが。優秀アニメーション作品は『君の名は。』一択じゃないですか?
クオリティや満足度で言えば『この世界の片隅に』となりそうだけど、空気を読むとコレじゃない感が。
“世論”に従うなら『君の名は。』を無冠で終わらせるわけにはいかず。かと言って“監督賞”は癪に障るので。

宮崎駿という(日テレにとっても)偉大な先人がおられるのでアニメへの偏見はありませんが。なんとなく童貞に贈呈したくはないぞという空気感から、新海誠の個人受賞は消されそう。
というわけで優秀監督賞は 偏った巨匠と言っても過言ではない『シン・ゴジラ』の庵野秀明と、ついでに樋口真嗣に。
なんなら主演俳優・ゴジラという評価も込みで、こうなるかな。

最後に残った優秀作品賞は、最多の11部門で受賞している『怒り』にすれば、より多くの関係者が歓喜に沸きそう。
もしかしたら監督賞が李相日で 作品賞が『シン・ゴジラ』と、ラスト2つは逆もあるかな。でも日本アカデミーは単なる娯楽系ではなく、こういった重厚そうな社会派なの好きだしね。

とにかく2016年は邦画の良作が多かったんですよ。
それを表すように、例年同様な ひとつの作品が何部門も受賞とはならず、幅広く星を分け合うんじゃないかな。

先に発表になったキネマ旬報ベストテンとはチョイスが違いますが。
それぞれの賞の看板なりに 選出の傾向が違うのはあるわけで。

多くの作品を見る映画好きにとってはキネ旬を参考にするべきだし、TVショーとして意識すれば この日本アカデミー賞みたいになるだろうし。
映画は万人向けの娯楽であり、見た人それぞれで感想も違うわけですからね。

あらためて、授賞式 および最優秀の発表は3月3日に行われます。
posted by 味噌のカツオ at 00:18| Comment(0) | TrackBack(0) | よもやま話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月16日

しまる“日アカ”前篇

「第40回日本アカデミー賞」の受賞者・作品が発表になりました。
選考対象は『2015年12月16日〜2016年12月15日の期間に東京地区の商業映画劇場にて有料で初公開され、1日3回以上、かつ2週間以上継続して上映された40分以上の作品』とのこと。
そういう基準があるんだね。

授賞式 および最優秀の発表は3月3日に行われます。
“全部を見てるわけではないのだが”わたくし的な予想をしてみようかな。

■優秀助演男優
◎竹原ピストル『永い言い訳』
▲妻夫木聡『怒り』
×東出昌大『聖の青春』
△森山未來『怒り』
〇リリー・フランキー『SCOOP!』

■優秀助演女優賞
▲石原さとみ『シン・ゴジラ』
△市川実日子『シン・ゴジラ』
○杉咲花『湯を沸かすほどの熱い愛』
◎広瀬すず『怒り』
×宮崎あおい『バースデーカード』

■優秀主演男優賞
△綾野剛『日本で一番悪い奴ら』
▲岡田准一『海賊とよばれた男』
○佐藤浩市『64-ロクヨン-前編』
×長谷川博己『シン・ゴジラ』
◎松山ケンイチ『聖の青春』

■優秀主演女優賞
○大竹しのぶ『後妻業の女』
×黒木華『リップヴァンウィンクルの花嫁』
▲広瀬すず『ちはやふる-上の句-』
△宮崎あおい『怒り』
◎宮沢りえ『湯を沸かすほどの熱い愛』

決して ふさわしいというわけではなく。
日本アカデミーの姿勢、パワーバランスなどを考慮した“予想”でございます。

竹原ピストルあたりが助演男優とか選ばれたら「ちゃんと そういうトコ見てるよ」と示せるし。
主演男優はちょっとジャニ―ズ続きで。岡田君にいっちゃうと露骨なので。木村さんと共演してくれてる松ケンさんにぜひ。
広瀬すずにスポット当てるには、主演はまだ早いけど助演ならね。

本音を言えば。
主演男優は『ヒメアノ〜ル』の森田剛に受賞してもらって。「へぇ〜そんな良かったんだ」とレンタルで見た一見さんを「ウゲ〜」って言わせてほしかったのだが。いささか それは無理だったか。
冗談はさておき、実際に森田君役の森田君は素晴らしかったけどね。

助演女優は『ちはやふる-下の句-』の松岡茉優が入っていないのは何故だと首をかしげるばかり。存在感、そして“美”。ズバ抜けてたのだが。

果たしてどんなオトナの事情が発動されるのか。あぁそういうことじゃなくて。
とにかく誰が正当な評価を受けるのか。楽しみです。

後篇に続く。。。
posted by 味噌のカツオ at 22:57| Comment(0) | TrackBack(0) | よもやま話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月13日

続・オモテあっても ウラない 2017

昨日は毎年恒例のフジテレビが運営する「最強運」のサイトについて触れました。
12(星座)×12(干支)×4(血液型)=576通りの占い結果というもの。

ですが、これとはまた別のところで同様の運勢ランキングが載っておりました。それについては『コチラ』からどうぞ。
ズラズラズラ〜っと各組合せの順位が出ておりまして。正直 自分が当てはまるヤツを探すの大変なんだけど(苦笑)

それよりも、同じような切り口でありながら、占う方によって順位が違うのかしらん?
そう思ってチェックしたら、確かに違うようで。

探しに探して発見しました「みずがめ座・イノシシ年・AB型」わたくしの運勢ランキングは…576位中244位!!

おっ、フジテレビのバージョンだと491位だったのに、こちらは大幅アップで244位になってるじゃないですか\(^O^)/
言うても、全体で見ると微妙な中盤だよねぇ。。。

まぁいずれにせよ、今年もそれほど期待できねぇのかな〜(-。-;)
posted by 味噌のカツオ at 21:08| Comment(0) | TrackBack(0) | よもやま話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月12日

オモテあっても ウラない 2017

今日は年明け恒例のこの話題。
回を重ねて本年が早や11年目となります。

「人間を血液型で分けたら4種類しかいなくなっちゃう」と申しますが、星座や干支などを絡めたらもっと細かく人間性を分析できるのでは?というのがわたくしの持論。

さてさて 今年も紹介しましょう。フジテレビ「最強運決定SP」のサイト。
これは性格診断ではなく 2017年の運勢を占うというものですが、12(星座)×12(干支)×4(血液型)=576通りの占い結果がでるというシロモノ。

毎年仕様が変わってきているようで。どうやら基本的にはスマホかケータイで使うように設定されているようで。でに基本の順位だけであればPCでもアクセスできるみたい。
もし興味あったら『コチラ』からどうぞ。順位の判定だけであれば無料でできますので。

ほんじゃ今年も変わらず「みずがめ座・イノシシ年・AB型」のわたくし。
データを入力してみたところ・・・でましたっ!

576位中491位!!

ちなみ過去を紐解いてみたところ、
2007年は178位。
2008年はなんと下から8番目という569位。
2009年はグ〜ンとアップしてまさかの68位。
2010年は89位。
2011年は438位。
2012年は505位。
2013年は73位。
2014年は230位。
2015年は436位。
2016年は116位。

ただし…実際のところ569位だからってキツいことがあったわけでもなく、68位の年が飛び切り良かったって心当たりも無く。早い話が例年低調で(爆)
そんで今年は491位と。お、おう、そうですか。また下がっちゃったよねぇ〜(苦笑)

さぁあなたも、レッツ運勢!!(o^-')b
posted by 味噌のカツオ at 11:45| Comment(0) | TrackBack(0) | よもやま話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月10日

キネ旬ベスト2016

邦画を中心に力作ぞろいだった昨年の映画界。
その2016年のキネマ旬報のベストテンが発表になりました。その結果がコチラ…

日本映画ベスト・テン
1位「この世界の片隅に」
2位「シン・ゴジラ」
3位「淵に立つ」
4位「ディストラクション・ベイビーズ」
5位「永い言い訳」
6位「リップヴァンウィンクルの花嫁」
7位「湯を沸かすほどの熱い愛」
8位「クリーピー 偽りの隣人」
9位「オーバー・フェンス」
10位「怒り」

外国映画ベスト・テン
1位「ハドソン川の奇跡」
2位「キャロル」
3位「ブリッジ・オブ・スパイ」
4位「トランボ ハリウッドに最も嫌われた男」
5位「山河ノスタルジア」
6位「サウルの息子」
7位「スポットライト 世紀のスクープ」
8位「イレブン・ミニッツ」
9位「ブルックリン」
10位「ルーム」

おぉスゴイ、わたくし邦画は全部見てるわ。
外国作品は「トランボ」「山河ノスタルジア」「ブルックリン」だけ見逃しちゃってるね。それぞれ気になってたけども。

一部報道では「君の名は。」は圏外…なんて書かれていましたが。
確かに昨年の超特大ヒット作ではありますが、即 ランキングとイコールとは言えないよね。

キネ旬ランキングについては“映画評論家、日本映画記者クラブ員らにより選定”とありまして。
でも「どうせ うるさ型の評論家が そんな大ヒットに投票したら“魂売った”とか言われそう」…とか言われそうではありますが。
もし仮に、「この世界の片隅に」が「君の名は。」レベルにヒットしていたとしても、この1位は不動だったと思います。

一方で「シン・ゴジラ」の2位はちょっと意外。
でも これまであったゴジラ映画の概念から逸脱しつつ、現代らしさと原点回帰してみせた点に驚かされたといったといったところでしょうか。

両ランキングに選ばれた作品、いずれも良作ばかりですが、外国映画に「シング・ストリート 未来へのうた」が入っていないのだけ、ちょっと異を唱えさせていただきたい。

さぁ年もあらたまって、2017年。
本年も良い映画が多く公開されること、期待しております。
posted by 味噌のカツオ at 22:04| Comment(0) | TrackBack(0) | よもやま話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月08日

どうがしてるね

「チェーンソー振り回しユーチューバ―を逮捕」ってか。また出ましたね。こういう輩が。

大手物流会社が代引きの荷物を持ってきたと。
妻は外出、母は入浴中。父は代引きに対応できず再配達を依頼。
後にそれを知った男(27)は怒って父とケンカ。

荷物を受け取れなかったことに腹を立て、その勢いで物流会社の営業所にチェーンソー持参で出向き、その模様を撮影しYoutubeへ投稿。
その動画が騒ぎになり、サイトにて謝罪の生放送を配信。他にもテレビの取材にも応える。

そして暴力行為等処罰法違反の疑いで逮捕に至ると。

本人は それが面白いと。アクセスが増えると。そういう思いだったらしいが。
当たり前のこと言うなら、そんなことないよと。それは犯罪だよと。
その思いが至らなかったのか、オモロイの方が上回ってしまったのか。

だとすれば、バカとしか言いようがないのだが。

他に気になる点をツッコむなら。
後に謝罪の動画をUPして反省をしているようですが。
これ、謝罪って動画じゃなくって 当該の営業所に出向いてするものでしょ。
それすらアクセス数に変えようという魂胆がどうかしてるわな。

個人的には その荷物。代引きで何を購入してたのかも気になります。
エロDVDだとか、空気人形的なダッチなワイフとかなら また笑えちゃうね。

いや待てよ。妻は外出中だったってか。既婚者なのか。
この状況。嫁さんはどう思ってるのかな。

ぜひ知りたいね。
心情を語ってくれないかな。動画サイトで。
posted by 味噌のカツオ at 01:35| Comment(0) | TrackBack(0) | よもやま話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月30日

紅白の仕組み2016

明日に迫ったNHKの紅白歌合戦。
今年は(純粋な)AKBグループの出場はなく、ただ“AKB48”1組となっています。

ただし、AKBグループ全体で紅白に出てほしいメンバーを投票をして、上位48人のみがAKB48として出場することになりました。
このシステム自体もいろんな意見が出てますが…

ちなみに昨年はAKB48としてもの凄い人数でのパフォーマンスとなりました。それはそれで祭り感あって、派手で良いのだけれど。
ぶっちゃけNHK的には、会場に入る、ステージに上がる人数の限界超えてたんじゃないのかな。

待機場所、リハーサル、もしかしたらお弁当とかギャラとか。許容範囲を超えて、なんなら他の出場者さんにも迷惑かかってたかもしれないし。
そういう意味でも、出演者を48人に限定というか、絞るというか。良かったんじゃないかしら。

さて 本番2日前の昨日、夢の紅白選抜と題して上位48名が発表になりまして。
ただしHKTで2名が中学生のため、放送時間と年齢制限の事情によりAKBとは別枠で出演。49〜50位のメンバーが繰り上がり当選を果たしました。

その結果…AKB48が17人、SKE48が8人、NMB48が11人、HKT48が9人、NGT48が3人という内訳に。

繰り上がりがなければ、SKE48が6人、HKT48が11人だったわけで。何このパワーバランス。
名古屋市民から言わせてもらうならば、おいおい、いつのまにSKEってこんなに存在感無くなっちゃったわけ?と。薄々感づいてはいたけども。
これAKB全体が落ちてるんじゃなくて、SKEだけがへこんじゃってるよね。

この結果は あまりにも…あまりにもな支持率低下で。
実際 名古屋ではSKEのレギュラーも出演番組も激減してるから。本人たちもメッチャ危機感持ってるとは聞いてますが。

わたくしに言わせれば、SKEと武将隊の登場で、ローカルタレントの活躍の場が浸食されていった経緯があるわけで。
それが今や…ボイメンやらマジプりやらの登場で、今度はSKEのポジションが奪われたというところもあるのかな。
それでなくても東京から、大阪からタレントさん来るからね。名古屋は。

そしてもう一点。
松井玲奈の卒業はやっぱ致命傷だったでしょう。
いやいや〜まだ松井珠理奈がいるってか?でも珠理奈しかいないとも言えるし、そもそもW松井での相乗効果、大きかったと思うからね。

わたくしも「バンザイVenus」「パレオはエメラルド」「オキドキ」なんかはメチャ良い曲だと思ってて。
そういう作品に恵まれることも大切だし、(ふわっとした言い方だが)SKEとしてのオリジナリティというか“ウリ”がないと。

チームしゃちほこやらOSUなんかも活躍してて。
その立ち位置としては微妙なトコになっていってるよね。

紅白の話からは離れましたが。その紅白基準でSKEとしての現状が晒されてしまったことが、それなりにショックでした。
「SKE48、がんばって!」と。名古屋の地から訴えたいのであります。
posted by 味噌のカツオ at 23:11| Comment(0) | TrackBack(0) | よもやま話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月15日

おでんツンツン男

コンビニで 売り物のおでんを指でつつく姿を動画で撮影。ネットにあげていた男が逮捕されました。
男は他にも迷惑行為を動画でアップしており、その件で2ちゃんねるが炎上したところ、「反省してま〜す」と言いながら鼻をほる動画で応えると。

この男、愛知県在住、28歳で2児の父親であるというから、何をかいわんや。

先に言っとくけど結論からすると「バカは死ななきゃ治らない」ということだろうけど。

この件が話題になり マスコミが母親や別居中の妻の元を訪ね取材してたんだけど。
たいがいのことなら「家族関係ないから取材して巻き込むなよ」と思うんだけど。
今回のケースに関しては、アリかなと。

ネットの炎上はコイツにとっては“栄養”みたいなものでしかないわけで。
それよりもリアル・身近で直に伝えられる存在の方が効き目があるだろうなと。

実際に母親が本人に電話をし、コンビニに謝罪に行き、逮捕となったわけで。

どなたかが言ってたけどちょっと前に多発した“バカッター”案件では、バカがバイトしてる店舗が実際に閉店したケースもあるわけで。
決して軽々なことでもないんだよね。

はしゃぐのも やんちゃするのも否定はしないが。
何も面白くないことで調子に乗るのは誰も得しませんで。

今回の逮捕を受けて、テレビでも実名&顔出しでの報道に切り替わりましたが。
これで社会的制裁も受ける形に。自業自得やわ。

ちなみに本人は捕されましたが、動画を撮影していた人も捜査対象らしいので。

そして妻とは別居中とのことだけど。
納得。
posted by 味噌のカツオ at 23:35| Comment(0) | TrackBack(0) | よもやま話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月10日

ベンチャーなのか?

U-C.jpg

こんなものが売られていました。

原材料がソレというわけではなく。

飲めばソレが出てスッキリするお茶です。

販売元がベンチャー企業…なのかはわかりません。
posted by 味噌のカツオ at 23:19| Comment(0) | TrackBack(0) | よもやま話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月02日

ほしいもの

あー金ねえなぁ。
宝くじ当たらねぇかなぁ。

もしも宝くじで高額当選したらさ。
1億円払ってレコード大賞いただくのになぁ。

あぁほしいなぁ、レコード大賞。

違う違う。
とりあえず金がほしいな。

宝くじ当たらねぇかなぁ。。。
posted by 味噌のカツオ at 23:45| Comment(0) | TrackBack(0) | よもやま話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月01日

あぁファミリー化

ウチから自転車でちょっと走ったトコにあったミスタードーナツ。
前を通ったら電気がついていない時がありまして。

休業?改装?
なんて思ってたら。気付けばどうやら閉店になってたようで。
ずっと そこにあった店だったからいくらかの寂しさもなくはない。

言うても一度も寄ったことはないんだけどね。

さて、そんな元ミスドの地に工事が入って。
そこにファミリーマートの看板が立っております。
そうですか、ファミマに変わるですか。

それでなくてもサークルKサンクスのファミマ化が始まってるからね。

ウチから歩いていけるトコにあるサークルKの店舗。
何気に店内入ってみたら、一部の商品がファミマのPBのモノに変わっていました。
もちろん看板も店員さんの制服も まだサークルKのものなんだけど。

やっぱりいくらかの寂しさもなくはない…って思い。
なんだかわからないけれど、ファミリーマートに“そそられない”んだよね。
これまで東海地区では店舗が少なかったから、ただ馴染みが無いだけなのかもだけど。

そのうち この近隣のコンビニ、ファミマだらけ & ちょっとセブン…になるんかな。
なんだかなぁ。
posted by 味噌のカツオ at 23:07| Comment(0) | TrackBack(0) | よもやま話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年10月05日

ノリカさん

歌舞伎俳優の片岡愛之助と結婚した女優の藤原紀香が、正式に梨園の妻としてデビュー。
愛之助が座頭を務める東京・新橋演舞場の劇場ロビーで客を迎えるなど、役目を全うした。

そんな報道の通り、離縁の妻…いや、梨園の妻としてお客様を迎えるのは当然の勤めなのでしょうが。
ひとつアカンのは、紀香さんには華がありすぎるんよね。

あんなお綺麗な方がお客様を迎えるなら、そりゃみんな間近で見たくなりますよね。あわよくば握手を…なんなら臭いをかぎたくもなりますよね。

他の方がそんなことをしようものなら「出しゃばりだ」「図々しい」という声が出てきそうなものですが。
離縁の妻としての称賛を集めるあたりが、紀香さんの人柄によるところが大きいんでしょうね。

ただ若干の苦言を呈するならば。
以前の結婚時にも、夫の舞台を支えるべく、ルミネのお客様をお迎えしていてほしかったな。
いや、もしかしたら誰かに止められていたのかもしれないな。
うん、そうに違いない。

なにはともあれ。ファンを代表して、心から応援の言葉を送りましょう。、ガンバレ紀香さん。
末永くお幸せに (-_-)
posted by 味噌のカツオ at 00:38| Comment(0) | TrackBack(0) | よもやま話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年10月04日

今じゃなくても

『ゲス川谷活動自粛で事務所も謝罪…未成年者との飲酒交際相手の未成年飲酒報道で』
川谷絵音(27)がボーカルを務めるロックバンド「ゲスの極み乙女。」「indigo la End」が、すでに発表ずみの公演が終了次第、当面の間、活動を自粛することを発表した。

ということらしい。

「ゲスの極み乙女。」の川谷絵音を略しての“ゲス川谷”なんですよね。
この書き方だと「ゲス男の川谷」と思う方も出てくるかもしれませんので。
わたくしレベルで注釈付けさせていただきます。念のため。

経緯としては、いろいろあったスキャンダルはさておき。未成年のタレントと飲酒をしたことが問題だったわけですな。
社会の物差しとしては それが正しいことだと思います。

しかし、やっぱり、それ以前に。
そもそもの大前提として、ファンを傷つけるような行動をしてるように思うけどな。

結局“女性問題”でお騒がせをして、ヤイヤイ言われて。
それから半年で 未成年をお持ち帰りって。

恋をするのは勝手だけども。絶対マスコミにバレるし。そうなったらまたアレコレ言われるし。
多くのファンが“異性”としてではなく、“才能・作品”についてるファンだとか言って甘えてんじゃないの?

もちろん男はみんな女好きだし。でも今じゃなくってもいいんじゃないの。
それこそ もうちょっと先だったら、今回のお相手も成人して。酒飲んでも問題なかったことだろうに。

それで結局ファンを傷つける結果…なんだと思うわ。

川谷さんってボーカリストとして「ゲスの極み乙女。」「indigo la End」を掛け持ちしてるんだよね。
そもそもが二股体質なのかねぇ。。。
posted by 味噌のカツオ at 00:30| Comment(0) | TrackBack(0) | よもやま話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年09月30日

バカとしか。。。

『ゲーセンでバイク、容疑の高2逮捕「のりで乗った」』
『釣り人突き落とし 男子中学生4人を補導「溺れる顔見て楽しもうと」』

という2つの事件。それぞれ容疑者が逮捕・歩道されました。
それぞれ「のりで乗った」「溺れる顔見て楽しもうと」とあるように、動機としては単純そのもの。バカとしか言いようがない。

なんちゅうか悪ノリしたり いたずら心が度を越したり。そういうことやってしまう気持ち、誰でも無くは無いだろうが。他者に迷惑をかけているという、その部分での歯止めの効かなさは やっぱバカとしか言いようがない。

当たり前のようだけど称賛しておきたいのは、警察の捜査能力の高さ。
まぁ今どき、様々な場所に防犯カメラなんかも設置されてるので、そこそこの犯罪は“足がつく”よと。
肝に銘じておくべき。

一方で やや腹立つのは…
中高生の犯罪ってことで、大きく、あるいは実名報道はされないんだよね。
ったくねぇ。。。
posted by 味噌のカツオ at 21:25| Comment(0) | TrackBack(0) | よもやま話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年09月29日

不在物語

今年は邦画の秀作が目白押しなんですが、その中でも今話題となっているのが2つのアニメ作品。
「君の名は。」と「映画 聲の形」の2作品。

とある映画の感想の記事の中に「君の名は。」は母親不在の物語であると書かれていました。

確かに 瀧は東京の都心で父と2人暮らし。
三葉は岐阜の田舎町で祖母、妹と暮らし、父親は家を出てはいるが健在。そして母親は病死したと描かれています。

その設定に何がしかの意味合いがあるのか。それはわかりません。
あるいは わからないなりに、何かを読み取るほどの推察するアタマも残念ながら持ち合わせておりません。

なのでこの話題は これ以上深められはしないのだけど。
ただ…

一方の「映画 聲の形」では 主人公である将也にも硝子にも、父親の存在がみられないんだよね。
やっぱり そこから何かのバックボーンを導き出すことはできないのだけども。

それらの設定が偶然にせよ なんにせよ、それについて考えるのも映画の楽しみ方の一つだよね。
って、どやさ?
posted by 味噌のカツオ at 22:40| Comment(0) | TrackBack(0) | よもやま話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年09月27日

プレミアムる?

『ついに始まるradiko渾身の新サービス』という話題。
内容としては「ほぼ全てのラジオ番組を、放送後1週間に限り、いつでも後から聴けるというサービスだ」というわけで、ラジオ好きなわたくしとしてはメチャありがたいサービスです。

仕事の都合で聞けなかった番組。気になってたけどウッカリ聞き逃した番組。好きなアーティストが突然ゲストで登場してた番組など。
一週間以内であれば、後追いで聞くことができると。

今のところ地元の放送しか聴いていないんだけど、これができるのであれば、毎月350円払って radikoプレミアムにする価値あるかな。

ちょっと気になったのは、放送をまるごと後で聞けるということですが。
CMとかもそのまんまなのかな?天気予報や交通情報もそのまんまなのかな?

それも そのうちにわかるってか。
このサービスは10月11日(火)のお昼12時頃から実証実験スタートと言うことなのでね。
posted by 味噌のカツオ at 23:34| Comment(0) | TrackBack(0) | よもやま話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年09月16日

藪の中

強姦致傷罪で逮捕されていた高畑裕太が釈放されました。
この事件の顛末について、フライデー誌が示談に至るまでを報じております。

要約すると、いわゆるハニートラップであったと。暴力団関係者が関わっていたと。
そういうことのようですね。

仮にこれが真実であったとしても、少々解せない点もあるにはあるが。
これは高畑裕太だけが〜というわけではなく。

警察、弁護士、マスコミも。なんなら野次馬意見も含めてね。

最初の報道では歯ブラシを持ってこさせて犯行に及んだとされていましたが、二人でエレベーターに同乗して部屋に向かったとか。
この点は ホテルの防犯カメラとか見れば何がしかわかるはずだが。

そうであるとするなら、歯ブラシ云々はどこから出た情報か?

今回 示談が成立して釈放されたそうなのだが、本当に無実なら裁判で争っても良かったのでは?
あるいは暴力団相手に騒動を長引かせたくなかった?

でもでも、(示談=)罪を認めたことはずっと残るわけで。

一説には示談金と慰謝料で1,000万円が支払われたという説もあります。一般的には異常な額かもですが。
考えようによっては そんなもんはたいしたことじゃなくって。

それよりお蔵入り、録り直しを迫られたテレビ・映画・ドラマ 等々の賠償の方が高額に思うけどね。

わたくし的には、ホントにハニートラップだったとして。
そんな場所で、そんなシチュエーションで、そんな相手とやるか?というのは、やっぱりねぇ。

そんな風に いろんなことが報じられて、見た人がいろんな意見を言って。

ただし、この説が“単なる推測”で。
実際に事件があったとしたら、被害女性の傷は広がるわけで。
なんとも触れにくい状況であって。このまま…なんとなく…それとなく…
となっていくのかな。
posted by 味噌のカツオ at 23:45| Comment(0) | TrackBack(0) | よもやま話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年08月23日

総括するとバカ

『女優の高畑淳子さんの長男で 俳優の高畑裕太容疑者(22)を強姦致傷容疑で逮捕』というニュース。驚きでした。
映画撮影の関係で宿泊していたビジネスホテルで、従業員の40代女性に性的暴行をし、右手の指にけがをさせた疑い。

宿泊時にホテルの従業員に…って、逃げも隠れもできないじゃん。
事前に酒を飲んでいたとのことだけど、「性欲を押さえられなかった」という証言もあり。

総括するとバカとしか言いようがないね。

そもそも映画撮影中だってんだから、映画のスタッフにも大迷惑だろ〜と思ったんだけど。

ワシが知らんだけで、コイツ めっちゃドラマとか出てんのね。
TBS「仰げば尊し」、テレ東「侠飯〜おとこめし〜」、今週末の日テレ「24時間テレビ」では番組パーソナリティーとスペシャルドラマに。

バラエティ系も編集やカットなど対応必要でしょうが。
既に収録済みのドラマについては、役柄や流れもあるので対応が超たいへんでしょう。
場合によっては打ち切りとかもあるだろうけど、24時間テレビ内のドラマはひとつの目玉だろうし。

映像がお蔵入りとなれば、事務所や本人への損害賠償も免れないことでしょう。
ある程度の実績があるならアレだけど。親が大物であっても、本人は22歳の若造なので。
どうかすると芸能界復帰は難しいんじゃないの。

いろいろ書きましたが、一番辛いのは直接の被害女性かとは思うけどね。
posted by 味噌のカツオ at 23:40| Comment(0) | TrackBack(0) | よもやま話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする