2017年08月16日

俺たち…

「俺たち ポップスター」という映画を見てきました。
内容は疑似ドキュメンタリーというコメディ作品。笑えました。面白かったです。

この「俺たち ポップスター」というタイトルは原題ではありませんで。邦題というヤツですな。
以前にも「俺たちフィギュアスケーター」なんて作品もありました。もちろんコメディで。

このタイトルに“俺たち”なんてワードを冠する それだけで、コメディなんだなという印象にはなりますね。

というわけで他の“俺たち”シリ−ズ、どんなのあったかな?と調べてみたら…
レンタルで出てるのは多々あれど、ちゃんと劇場公開で話題になったのは そんなになかったね。意外や意外。

実質として伴っていないにもかかわらず“俺たち”イコール楽しそうと認識してるのは、おそらくは「オレたちひょうきん族」の影響が激しく残っているせいだと言えるのでしょうな。
あぁ“ひょうきん族”は、かくも偉大なり。

そんなことを考えていたところ…
『「妖怪人間ベム」ギャグアニメ化!』なんて話題が。

あの「早く人間になりたい!」との願いを込めて悪いバケモノたちと戦っていた「妖怪人間ベム」。
それがギャグアニメで復活という。ちょっと複雑な思いも無くはないが。

さて、その新作のタイトルは「俺たちゃ妖怪人間」となるんだとか。
おぉここにも“俺たち”ワードが。「オレたちひょうきん族」インスパイアはこんなところにも…

いや、待てよ。そもそも「妖怪人間ベム」の歌に…
♪おれたちゃ妖怪にんげんなのさっ

ってフレーズがあったっけか。
あぁそれでか、それでなのか。
果たして それだけなのか!?

まぁ知らんけど (-_- )
posted by 味噌のカツオ at 23:37| Comment(0) | よもやま話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月04日

出たな〜ライバル

以前オンエアされてた郵便局のCMがふたたび流れてますね。
なんでやろうね。

暑中見舞いの時期で 新たにPRに力入れて…いるのであれば今から動くのは遅いよね。

そう言えば このCMに出てる石井杏奈と荒川良々って、映画「心が叫びたがってるんだ。」でも共演してますね。荒川さんが教師で 石井さんが生徒役。
郵便局のCMでは石井さんが郵便局員で 荒川さんが密かに恋心を抱く客の役。

それはそれでいいけども。教師が生徒に恋心を…っちゅうと少々マズいけどな。

とにかく そのCMの二人が映画でも共演してるということで、便乗する形で?相乗効果を期待して?ふたたび このバージョンのCMが流れ出したのかな!?

ただし、恋心を抱く荒川さんのライバル役というのが窪田正孝さんなんよね。
映画的にいうなら「東京喰種 トーキョーグール」ですから。

下手すっと食われちゃうかもね(笑)
posted by 味噌のカツオ at 23:50| Comment(0) | よもやま話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月02日

演出です

テレビ見てると“CM上の演出です”とかいうテロップをよく見ますな。
何やら大げさに飛び上がったり、何かが過剰に出てきたり〜みたいな。

果たしてこういう表示が いいことなのかどうなのか。
何とも言いにくいところがあるわけですが。

コチラが「常識的に、これはそういうことでしょ」と考えても、アチラでは「ありゃ、こういうこと やっていいんだ」と思い込む人がいるかも…というところなんでしょうが。

わたくし的には「アホじゃないんだから」とか思うけど、何かをやらかした人が「テレビでやってじゃないか」とか言うと困るという側面もあるんだろうかねぇ。

今やってるCMでは「1000万円の流しそうめん」とか「1000万円のかき氷」だとか出てきて。
それはそれで ある種の夢というかファンタジー然とした映像なんだけど、そこに「CM上の演出です」が入ると、先に全否定しちゃってることになるから。
CMそのものの面白味も自ら否定してるみたいになっちゃってんじゃね!?
と思うのだが。

これがもっと研ぎ澄まされて(?)いくと、ドラマやCMで役者が夫婦役をやってるところに「演出上の夫婦です」とか入れなきゃいけなくなるんじゃねぇの?

う〜ん。
人がバカになっていってるのか。
企業が責任を被らなくて済むようにしているのか。

いずれにせよ…だなぁ。
posted by 味噌のカツオ at 22:22| Comment(0) | よもやま話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月01日

いただきました

テレビ見てると“大食い企画”よくありますな。
昨日 見てたら超デカいハンバーガーとか超大盛のチャンポンとかに挑戦してましたね。

確か重量 4.8kgもあるチャンポンで、制限時間50分で完食出来たら成功とのこと。
ただし これまで成功した人はいないという。そもそもが無理というか無謀な設定なのでは(苦笑)

それを かのギャル曽根さんは攻略してて。スゲェなと思ってたんだけど。
もちろん他の方は食べきれず。半分ぐらい残してましたね。
そりゃそやろな。

そんなのを見ながら。昨今のテレビの風潮として「この後スタッフがおいしくいただきました」というテロップが出たら笑うな〜とか思ったりして。

他人の食べかけの、麺がのびた、冷めたチャンポンを…って そりゃ気ぃ悪いわな(笑)

しかしまぁホンマ嫌やわ。そういうテロップ。
そういうこと考え出したら、気にしだしたら、テレビも楽しく見られないよね。テレビにはテレビのファンタジーがあると割りきっていいと思うんだけどね。

テレビにカワイらしい女の子が出てて。
「この後スタッフがおいしくいただきました」というテロップが出たら、また違う意味で笑えるな〜とか思ったりして。
posted by 味噌のカツオ at 23:42| Comment(0) | よもやま話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月08日

“連”

ジャイアンツが今日も負けました。
昨日の時点で球団連敗記録を更新していたんですが、本日も負けて 記録更新の13連敗。

まぁ負けるにしても球団タイとかそんなみみっちいことせずに、ドーンと記録でもこしらえといた方が 、いいんじゃないですか。ファン的にも。
何はどうあれ、リアルタイムで記録更新をしていると。それを目の当たりにできるのは、貴重な経験なわけで。長い目で見ればね。

このまま負け続けてシーズンが終わったらビツクリですが、そんなことはないわけで。どこかで勝つ日がきますから。

それに 負けているものにこそ 応援が必要なんだよと。勝っているのであれば「ありがとう」と言いたくなりますが。
負けているときこそ「ガンバレー!」の声が必要なんですよ。
ファンならば応援のし甲斐があるってもんだよね。

ちなみにプロ野球の連敗記録は、1998年にロッテが作った(1引き分けを挟んだ)18連敗。引き分けを挟まないのであれば、1970年にヤクルトが作った16連敗となっている。
いっそ その辺りも記録更新しちゃったらどうや!?

と、ドラゴンズファンのわたくしから言わせていただきます。


あぁ記録といえば。
将棋の世界では 14歳の中学生棋士・藤井聡太四段が、羽生三冠の連勝記録22を上回って、公式戦23連勝。歴代単独3位の記録となっています。

歴代1位の28連勝まであと5つ。
どうせなら その歴史を塗り替えるのを見てみたいものであります。

藤井くんも巨人くんもガンバレー!
posted by 味噌のカツオ at 23:36| Comment(0) | TrackBack(0) | よもやま話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月23日

ふのいさん

港区にオープンした「レゴランド・ジャパン」に隣接した複合商業施設「メイカーズ ピア」。この中のテナントのレストラン1店舗がオープン2か月で閉店したそうです。
来場者が想定を大幅に下回っていることが理由とのこと。

本来は6年契約で出店したそうで、契約途中の退店による違約金の支払いについて、メイカーズ側と協議していると。
そうまでして撤退を決めるというのは…

こんなもん6年やってたら大損どころか 6年もたんと踏んでのことでしょう。
まぁ約50店あるうちのたった1店なのですが、もしかしたら追随する店も出てくるかもね。

このメイカーズピアって、当然レゴランドとの相乗効果を期待してオープンしたわけですが。
ぶっちゃけレゴランドに行った客が ここを利用するようには さほど思えないわな。

そもそもレゴランド自体が入場料とか高いし。
「ついでにとなりで金落としていくか」という思いにはなりにくいんじゃね。

んじゃメイカーズピア単体ではどうなん?と言われれば。
やっぱ名古屋の最果ての地ですから。わざわざそこまで行って〜というまでのものではないってことでしょう。案外 都心だったり、車で行きやすい郊外のエリアならわからんかったけども。

しかし 罪作りなのはレゴランドか。
華々しくオープンこそしたものの、継続的に集客が見込める感じでは無いもんね。
ってまだオープンしたてなんだけど。

ただし。超野次馬根性で見るならば。
このズンドコぶりはメチャおもろいんだけどね(苦笑)

かつてのイタリア村とかみたいに負の遺産的になるのかな!?
posted by 味噌のカツオ at 22:38| Comment(0) | TrackBack(0) | よもやま話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月29日

夫のちんぽが入らない

今年 発売された「夫のちんぽが入らない」(こだま 著)という本が、タイトルのストレートさも相まってヒットしております。
内容は ざっくりと耳にしてはいましたが、その「夫のちんぽ〜」を読みました。

著者の女性が大学に進学。実家を離れて大学の近くのアパートに入居するところから話は始まります。
その後、ある男性と知り合い 恋人となるが、いざ性行為をいたそうとすると、なぜか彼のちんぽが入らないという状況に。

無理やり挿入しようとすると大そうな出血を伴い、その描写もまた痛そうなのだが。

それでも二人は結婚に至り、社会人としての生活が始まるわけですが、そこでもまた彼女を苦しめる問題が勃発。
夫婦関係、仕事の関係、あるいは実の親との関係など 様々な葛藤があり、アラサー世代となる現在まで、約20年の物語が綴られております。

映画ファンとしていろんなストーリーとは向き合いますが、余程気になる原作とかでなければ、本・小説の類に手を伸ばさないわたくし。
かろうじて週刊プロレスは毎週購入しているのだが…

そんな映画を見る感覚で読むと、正直 ある種の物足りなさは感じましたね。
主人公の苦悩と割り切りは提示されていますが、正直 救われる結論までは達しません。
そう、まさに“割り切り”なんですよね。

とても悩んで、苦しんで、それでも日々を暮らしていく中で 思わぬ光を見い出すとか。それはないんだよね。

こんなこと言うと 元も子もないのだが、実際の世の中、そうそう大逆転とか大団円とかはありえないと思いますわ。
なので この物語の主人公のように、アレにもソレにも苦労(のような)状況になり、それに真正面から立ち向かうこともできず。割り切ってやり過ごすというのも、リアルなものなんだと思います。

そのタイトルに惹かれて「面白そうな“珍本”やな」と手に取っても、さほどセクシャルではなく、ある夫婦の苦悩と向き合わされると。
それはそれで悪いこっちゃないけど。

少々気持ちの悪いこと書くならば、もしかしたら二人は前世で兄妹だったのかもしれないし。

結論としての現在の関係は 二人が選んだものかもしれない。
でも もっと誰かに相談をすることで可能性広げることはできたように思うんだけどね。

そう感じるほど、誰かにこの悩みを打ち明けてこなかった著者なのですが。
今回 このようなカタチでの出版に至り。これだけヒットすると、本編の事実関係から 近しい人たちには全てわかっちゃうんじゃないかな。
いっそ 同僚や家族などに、この場を借りてのカミングアウトという側面もあったのかな?
そんな風にも考えた次第であります。

まぁテレフォン人生相談ではありませんが、このように経験談を書籍化することで、同じような悩みを持つ人には参考となるかもしれませんし、「悩んでいいるのは自分たちだけではないんだ」という。そこで光明を与えられることになるのかもしれませんね。
posted by 味噌のカツオ at 01:40| Comment(0) | TrackBack(0) | よもやま話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月28日

すべてはアマゾン

ヤマト運輸が料金を27年ぶりに値上げをすることを、本日発表いたしました。

宅配業界、あれやこれやと大変だという話は出ておりましたが、ネット通販の拡大により荷物が増えましたよと。
しかしながら、それに見合った労働力が確保できないという現状があります。

普通に配送するだけでなく、再配達となってしまう荷物が多いので 1個の荷物に対して何度もお客先をうかがう必要が出てきたりと。
そういう2度手間、3度手間となっていては、価格に見合わないというのは出てくるのでしょうね。

まぁわたくしも そういう利用の仕方はしますが、仕事の時間や休みのサイクルが不規則であったりするので、配達指定も難しかったりして。
そういう客のニーズに合わせた結果の判断ということでしょう。

実際 ヤマト運輸では残業代の未払いに関しても問題となっていますし。
忙しいうえに、見合ったお金が支払われていないとなると、そりゃ人材の確保は難しくなるわな。

さて、そのヤマトでは既に従業員がちゃんと休憩時間を取れるように 再配達の受付時間・応対の時間を短くするという発表もありました。

すなわち、料金はUPして、サービスは悪くなるという取り組みを同時に始めるということなんですね。
これって一般的な企業としてみると、結構な大改革だと思うけどね。

そんなんしたら客から そっぽ向かれる可能性もあるわけで。
それで業績が落ちて、企業としてグラつくのか。はたまた それをやって、やっと人並みの労働となるのか。
なんとも言えんけどね。

まぁそもそもはアマゾンさんの荷物が多すぎることに端を発するのかもだけど。
日本郵便や佐川は ヤマトの動きに追随する姿勢はみせていないとか。

今回の値上げを嫌って、アマゾンがそれらの他社に乗り換えたら、また話は ややこしくなるのかな?
案外 他社の方から「アマゾンは来ていらんわ」と撥ねられるのかもしれんけどね。
posted by 味噌のカツオ at 23:32| Comment(0) | TrackBack(0) | よもやま話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月24日

線路はつづくよ

70代と90代の姉妹とみられる女性2人が電車に飛び込み、死亡が確認されたというニュースがありました。
かと思えば、つい先日には 自殺をしようとした(と思われる)男性を助けようと銀行員の男性が線路に入り、2人とも死亡というニュースにも胸を痛めました。

かと思えば、電車内で痴漢をしたとされる男が、線路を走って逃走するという事件が数件あったり。
女性タレントが線路内に侵入して写真を撮ったことが ちょっとした騒動にもなりました。

それぞれ理由や状況は違えど、線路への侵入ってのが立て続けに報じられてます。
そんな中で共通して思ったのは、なんか安易だなと。

電車に飛び込んでの自殺も。(事実関係はわかりませんが)痴漢で逃げるとかも。
本人はどうかしらんけど、それで電車が止まったり ダイヤが乱れては、周りが迷惑するだけやもんね。

でも こういうのがニュースで報じられるごとに、同様のケースがまた続いて起きそうなんだけど。
どやさ、どやさ…ですよ。
posted by 味噌のカツオ at 22:51| Comment(0) | TrackBack(0) | よもやま話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月20日

TATSUYAは友達

facebookをやってますと 友達申請がきますわね。
知り合いからならええけども、心当たりのない人からの突然の友達申請は正直戸惑うもので。

でも そんな人でも“共通の友達”から逆算して「あの時の あの人か」と思い出す場合もあります。

先日 わたくしのfacebookに届いた友達申請。名前、チラリと写った顔写真から女性というのはわかりますが 心当たりはありません。
なんなら共通の友達というのもどうやら無くって。

いたずら的に…出会い系的な目的で…なんなら単なる間違いで…申請来ることもあるけれど。

もしかして知ってる人がいたら〜と思い、念のため その相手の女性に登録されてる友達をチェックしてみたらば。
驚く事実が判明しました。

その事実とは…

その友達に ある共通点があったのです…

その共通点とは…

その友達の大半が“TATSUYA”だったのです。

苗字はいろいろあれど、下の名前が
たつや、タツヤ、達也、竜也、辰也、達矢、辰弥、龍也…

なんや この たつやハンターっぷり。
日本中の たつやと友達になって何がしたい?
たつや会結成?

人材派遣で たつやという名前の人を貸し出す会社、その名もTATSUYAをつくるとか。

いずれにせよ、こっちにメリットなさそうなので友達承認はしていないけども。
考えようによっては日本中の たつやさんと友達になれるチャンスでもあるんだよなぁ。

だから そのメリットがわからんのやって(爆苦笑)
posted by 味噌のカツオ at 22:12| Comment(0) | TrackBack(0) | よもやま話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月11日

券の件

5月14日から始まる「大相撲 五月場所(夏場所)」の前売り券が4月8日に発売された。午前10時からネットやコンビニ等で販売が始まり、1時間半後の11時30分頃に売り切れとなった。
これにより両国国技館の切符売り場では、昼12時の販売開始前に完売状態となり、ファンおよそ200人が購入できないという事態となった。

相撲の世界には“御茶屋制度”という独特な切符の売り方もある一方、ネットやコンビニで手軽に買えてこそ、ファン層を広げることもできるわけで。
しかし その手軽さ故、このような売れ方がなされてしまうと。
その新しいものと古い体質が混在する結果の事態なんでしょうな。

普通に考えたら「発売開始時間を同じに」「窓口分を確保しておきべき」という方式が“当たり前”だと思うんだけど。


また別ジャンルではこんな話題も。

さいたまスーパーアリーナで開催された「ジャニーズJr. 祭り」で4月8日に入場トラブルが発生した。
トラブルの原因は本公演に導入されていたデジタルチケットの不具合で、本来存在しない座席番号がチケットに印刷されていることが発覚。
全ての来場客の入場を停止して新たなチケットの印刷を行ったため、公演開始時間に遅れが生じた。

当日までチケットを発行せず、入場口ではじめて席番が分かるというデジチケ方式。
しかしシステムの不具合で、チケット番号の正しくないものが発券されたと。

噂レベルではありますが、これにより席が確保できず 門前払いをくらった客もいたとか いないとか。


こんなめんどくさいことするのも、そもそもは転売ヤーの存在やーと思うわけですが。
本当に見たい客ではなく、チケット転売で差額をせしめるヤツらですわね。

人気のコンサート、先の相撲、野球の日本シリーズなど 注目度の高い興行ではそういうことが起こるわけで。
わたくしも そういうの見に行くの好きですから、こういう転売ヤーの存在は腹立ってしょうがないのだが。

それらに対抗するスマートな方式って、何か構築できないものですかね。
posted by 味噌のカツオ at 22:40| Comment(0) | TrackBack(0) | よもやま話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月22日

せいふく

映画ファンとして常日頃から 現在どんな作品が上映されているか?掘り出し物的な作品はないかとチェックしております。
具体的には各劇場で今見られる作品をチェックしてるわけです。

しかし…ざっくり言うと、たいがいのシネコン。様々な系列はあれど 上映のラインナップは ほぼ一緒。
特色が無いっちゅうか、なんちゅうか。寂しい気持ちがふとよぎるものであります。

そんな思いをこらえつつ見ていますが、どうも「こんなのやってるんだ」というトキメキには乏しくて。

と同時に、数多の作品の中で ある共通点を発見。
それが学園ものであるということ。制服が登場するということです。
その視点で今、あるいは今週末から見られる作品というのが…

「一週間フレンズ」「君の名は。」「今日のキラ君」「チア☆ダン」「ハルチカ」「ひるなかの流星」「ひるね姫」などなど。

いわゆる売り出し中の若手役者が中心の恋愛ものもあり。それとは違うテーマで 高校生が主人公ってのもあるけどね。

いずれにせよ、多くは春休みの中高生向けの作品ってことになるのでしょう。
さすがに わたくしのようなおっさんとしては共感しにくいだろうと。見て どやねん!?ってのもありますね。

そもそも 見たいものがなければ無理して見に行かなくてもいいわけで。
なので そんなラブコメ系を見ることはないが。

現実に、実生活にラブコメテイストは欲しいよねぇ(苦笑)
学生服もブレザーも もうアウトだけどな。
posted by 味噌のカツオ at 23:43| Comment(0) | TrackBack(0) | よもやま話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月21日

あぁ「美女と野獣」

名作ディズニーアニメ「美女と野獣」がエマ・ワトソン主演で実写映画化されました。
日本では1ヶ月後の4月21日公開予定となっております。

なんでも、今回の「美女と野獣」にはディズニー史上初、ゲイのキャラクターが登場するとのこと。
悪役キャラであるガストンの子分ル・フウというのがそれでして。
ところが そのゲイキャラの存在が世界で物議をかもしております。

ロシアでは「同性愛の宣伝活動」を未成年に広めることが法律で禁じられており、議員さんが国内上映を禁止するよう求めておりました。
結局16歳以上の年齢制限付きでの公開に落ち着いたようですが。

同じく同性愛が法律で禁じられているマレーシアでは、マレーシア映画検閲委員会の指導により、同性愛を助長する場面をカット。
ところが独自で編集されることにディズニー側が難色を示していると言われております。

日本では“オネエタレント”なんてキャラがテレビで人気になってますし。
そこまで同性愛を どうこういう感じではないので、普通に上映されて、普通にヒットするのではないかと思いますがね。

それとは別で気になってるのが、この「美女と野獣」という物語のそもそもの部分で。
このオハナシの中では 王子様が魔力かなんかで醜い野獣の姿にされたという設定のようだけど。

しれーっと見てると、この野獣って、結構イカしてるよね。なんならカッコいいよね。
“獣・けもの”という観念で見れば ライオンだとかトラだとか。バッファローなんかも勇壮で、見た目に悪い印象はないんじゃないの?

どうせ醜い姿にされるのであれば、デブでチビのおかっぱ頭にされる方がダメージ大きいのではと思ったりするのだが(苦笑)
そういう意味では ディズニーもまだまだ甘いよなと。
そう思うのはワシだけやろか!?
posted by 味噌のカツオ at 22:27| Comment(0) | TrackBack(0) | よもやま話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月10日

6年。

あの東日本震災から6年。
6年といったら 結構な時間だよ。
ランドセル背負い始めた子が中学に入学するほどの時の流れだよ。

それだけの時が流れれば、たいがいのビルは建つだろうし、いろんな開発は進むもの。
でもあの日に奪われたものが完全に戻ることは無くて。

あの日に傷ついたものが癒されることも無くて。
なんなら 今もまだ傷つけられる人もいて。

でも過ぎた時は戻らないので、そのまま進むしかないわけで。
いろんな意味で 試されてるし、これからも試されるのだろうな。
posted by 味噌のカツオ at 23:41| Comment(0) | TrackBack(0) | よもやま話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月09日

あぁきりたんぽ

テレビ朝日で4月から放送予定のドラマ『サヨナラ、きりたんぽ』のタイトルをめぐって秋田県が同局に抗議。
タイトル変更を余儀なくされるという話題がありました。

このドラマの内容として、渡辺麻友演じる主人公が、純愛を貫くがゆえ“阿部定”のように男性の下腹部を切断してしまう…という描写があるとかで。

すなわち タイトルから逆算すると、きりたんぽが男性のアレに例えられているようだと。
そこで地元の郷土料理「きりたんぽ」のイメージを損なうとして、秋田県が抗議を行い、テレ朝もタイトル変更を決めたとのこと。

そういう経緯で秋田県が憤(いきどお)ったのは理解できますね。
でもこれでイメージが悪いというのであれば、バナナ協会やソーセージ組合は我慢強いというか、器が大きいというか…

この『サヨナラ、きりたんぽ』というタイトル。
ほんの一文字を変更すれば、きりたんぽのイメージを損なうことは無かったでしょうけど。

どの文字を どう変えるべきかはよくわかりませんがね。。。
posted by 味噌のカツオ at 00:42| Comment(0) | TrackBack(0) | よもやま話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月04日

たこパティエ?

先日ある出先で「たこパティエ」と書かれた紙袋を見かけました。
いったい何のことやらようわかりませんが、当然ながら「たこパティエ」という文言にはとてつもない魅力がありww

帰ってからチェックしてみたら、その正体が分かりました。

TACO-P.jpg
大阪発、「パティシエが作る、本格たこやきスイーツ」とのこと。
さっくりパイのベースに ソース、アオノリ、カツオ節、マヨネーズという たこ焼きの材料をトッピング。そこにキャラメルでコーティングしてクルミとざらめを加えたスイーツなんですな。

作っているのは瓢月堂。サイトはコチラに
購入は大阪の主要な駅や空港の売店が中心と。

大阪に行かなきゃ買えないか。
ちょっと気になる たこパティエだけども。

あらためて思えば、たこ焼きの材料 オン キャラメルってか。
あんまりおいしくなさそう?でも食感は良さ気みたい。

でもやっぱ気になるわ。
大阪に行く機会があればぜひとも(^o^)
posted by 味噌のカツオ at 21:00| Comment(0) | TrackBack(0) | よもやま話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月21日

メシウマ

「幸福の科学」に出家した清水富美加が書籍の中でバンドマンとの不倫について綴っていたと。
その相手という方が名乗りでまして。それがロックバンド「KANA-BOON(カナブーン)」のベーシスト、飯田祐馬だったとのこと。

確かに不倫は良くないことですが、人は恋に落ちてしまうと いろいろなことが見えなくなってしまうものですから。

んで今回発表したコメントで、飯田さんは2014年4月に一般女性と入籍。しかし約1年後、既婚者であることを隠して清水さんと交際を開始。
一旦は既婚の事実を打ち明け、謝罪したが、清水さんに対する気持ちを断ち切ることができず、妻との離婚をほのめかしつつ、2016年1月まで交際関係を続けたと。

離婚をほのめかしつつ…ってのがなかなかのリアリティ。
しかし2016年1月に別れたというのは、同時期にあった女性タレントと男性バンドマンのゲス不倫騒動を見て怖気づいたというのが…推測されますね(苦笑)

まぁそんなこんなですが、終わったことを 今さらながらこんなカタチで掘り起こされるのもアレなもので(苦笑)
出家騒動のとんだとばっちりってかな。

それよりもちょっと気になったのは、飯田祐馬。読み方は“いいだ”ではなく“めしだゆうま”なんだって。
あだ名、間違いなく“めしうま”だよね。
posted by 味噌のカツオ at 22:57| Comment(0) | TrackBack(0) | よもやま話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月19日

ネコバッグ

昨日ウチの番組で盛り上がった話題なんだけど。
幕張メッセで本日開催の「ワンダーフェスティバル2017・冬」(略称・ワンフェス)でこんなバッグが発売されたとの話で。

C4UCDyLVUAAvhjV.jpg C4UCEj8VYAEAk58.jpg
これ もっふもふの茶トラ猫を模したメッセンジャーバッグなのだな。
これを背負えば そのまま猫ちゃんが背中から肩にしがみついている形になるという、猫好きには夢のような商品。
超絶カワイイ!!

一応バッグということだけど、荷物はどうやって入れるんだろうね。
ココに映っていない おなかの辺りにチャックがついていて、そこを広げて出し入れとか。ちょっとエグいな。
それとも お口の部分から入れて お尻のところから引っ張りだす的な。
どちらにせよ抵抗あるか!?

C4T03JcVMAIasyc.jpg
ちなみにフォルムだけでなくお顔も美人なこのエコバッグならぬネコバッグですが、販売は限定1点のみの抽選販売とのこと。
はたしてどんな方が手に入れたのかにゃあ。
posted by 味噌のカツオ at 21:54| Comment(0) | TrackBack(0) | よもやま話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月10日

ハダカマツリ

昨日は国府宮のはだか祭が行われました。
まさに この時期の風物詩。毎年の事ではありますが、ローカルの様々な番組で大きく扱われます。

神男が儺追殿に入るの瞬間がクライマックスとされますが、それを追うテレビ中継もいろいろ苦労があるようで。
その決定的瞬間は押さえたいが、決定的なモノを映すわけにはいかずで。

遠方からのカメラ、角度、万が一映り込んでしまった際の編集などなど。
たいへんみたいですね(笑)

そんお国府宮のはだか祭。「儺追神事(なおいしんじ)」というのが正式名称。
開催の日取りは毎年違っておりまして。毎年旧暦の正月13日に行われます。
でも たいがい2月中ではあります。

しかも近年では 開催日が極端に冷え込んだり、雨やら雪やらに見舞われたり。んで桶で水ぶっかけたりして。
ホンマに そちらもたいへんそう。

もう いっそのこと夏場にやったらええのにと。
見てるだけのわたくしなんかはそう思うわけでして。

夏やったら 水かけなくても男たちの汗でヌルヌルと肌が擦れ合って。
もしかしたら それで喜ぶ人たちも…
なんのこっちゃ!?(苦笑)

これはこれで天下の奇祭と言われまして。多くの方が見に来ますし。外国人の方も来られるのかな?
その方に向けて説明する際には「ヌーディスト カーニバル」とか言うんやろうか?
「はだかーニバル」でもイイね。
略して「はだカニ」(笑)
posted by 味噌のカツオ at 22:49| Comment(0) | TrackBack(0) | よもやま話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月26日

キュウリのヒミツ

イクラの軍艦に「キュウリ」がのってるのはどうして? よりおいしく食べるための工夫なんだって!

確かに なぜキュウリが添えてあるのかはわかりませんな。
イクラを一面に広げてしまうと 元が取れなくなるから。場所をかせいでるのかな?

というトコですが、こちらの記事によれば“よりおいしく食べるための工夫”であると。
んじゃ どうおいしくいただくのか。要約すれば…

軍艦巻きに しょう油をつけたいとき、具に付けようと逆さにすればイクラが落ちてしまう。
底面のシャリに付けると 加減がしにくくて味が濃くなってしまう。

そこでキュウリにしょう油をつけて イクラに垂らせば、程よいしょう油加減でいただけると。
そういうことなんですね。知らなんだ。

まぁおいしくいただくためのひとつの技ではありますが。
そもそも その手法を知っていないと意味ないよね〜と冷静に思っちゃうけど。

でもこれからは そうさせて「いただきます!」
posted by 味噌のカツオ at 22:51| Comment(0) | TrackBack(0) | よもやま話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする