2017年07月28日

ゴジラ展

夏になると わたくし的にも親しみのある展示が企画される名古屋市博物館ですが。現在「ゴジラ展」開催中ということで足を運んでまいりました。車で行ったんだけどね。
DSC_0095.JPG

最初のゴジラが公開されてから既に63年。多くの人たちから支持されるゴジラですが。
昨年は「シン・ゴジラ」の公開もあり、新たなゴジラファンを獲得したといっても過言ではないでしょう。

会場には若いカップルの姿もあれば、デイサービスと思しき高齢者の方々の姿も。
んで またそんなじいちゃん ばあちゃんらが、ゴジラについておしゃべりしてる姿も、どこか微笑ましいものがありました。

さて、展示はいろんなパートに別れてはいるんだけど。とても多かったのがデザイン画やミニチュアセットの設計図などで。
確かに貴重な資料ではあるのですが、主に2003年の「東京SOS」の資料ということもあり、イマイチありがたみが薄いっちゅうか。。。

やっぱり昭和の香りのするものが ときめく感じはあるんだけどね。

そんな中でも目を奪われるのが撮影に使われた着ぐるみであり、ミニチュアセットでありまして。
会場入り口前にあった街並み。展示の最後にあった 破壊された東京駅は目を奪われましたし。
DSC_0080.JPG DSC_0081.JPG
DSC_0093.JPG

ゴジラであり、(撮影不可でしたが)メカゴジラ・機龍、キングギドラ、「ファイナルウォーズ」のガイガンはカッコ良かったですわ。
DSC_0085.JPG DSC_0087.JPG
DSC_0090.JPG DSC_0092.JPG

今回の展示の中で知ったことなんですが。特撮の父である円谷英二氏は、その腕を買われて大阪万博で使用する映像制作に携わり、その際 鳴門の渦潮でロケを行い これがたたって体調を崩したことが、亡くなられた遠因なのだそうですね。
わたくしが生まれる前の万博ですが、それを通じて多くの人に夢を与えつつ、死期を早めてしまったということが言えるのかな。
なんか複雑な心境ですわ。

2時間がかりで展示を見た後、ロビーでくつろいでたら目に入ったのが「原爆絵画展」という文字。
別のフロアにてそんな展示があるということで、そちらも見てきました。

小さなスペースではありましたが、広島と長崎の被爆者が描いた絵や、原爆にまつわるパネル展示があって。それはそれで ためになりました。

“ついで”という言い方は良く無いかもだけど。
そもそもゴジラも原爆というのがモチーフのひとつでもあるからね。
posted by 味噌のカツオ at 22:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック