2016年06月16日

まだまだ通過点

マイアミ・マーリンズのイチローがパドレス戦で1回にヒットを放ち、ピート・ローズ氏の持つ歴代最多安打記録タイに。
そして9回にはライトへタイムリーツーベース。日米通算安打を「4257」とし、単独で世界一となりました。

これはこれで単純に「スゲー」ってとこですが、ピート・ローズ氏は少々おだやかじゃないようで。
要約すると、こっちはアメリカで記録を作ったんだと。イチローは日本とアメリカでの通算だろ。同じ記録とは言えないわな〜と。
ほぼほぼ「あたしゃ認めないよ」のスタンス。

一流のアスリートがその程度の認識なのかスタンスなのかと。そう思うと少々寂しい感じもいたしますが。

でも、記録を作ったのが外国人やからね。
あぁこの場合の外国人とはアメリカから見れば日本人=外国人ですから。

確かに日本の球団で、助っ人外国人が日本人の記録をオーバーしても、たとえスゴくてもテンションMAXにはなりにくいかな。
思い起こせば2013年にヤクルトのバレンティンが、シーズンホームラン数で王貞治の55本を超える60本を打ったことがあったあったっけか。

いずれにせよ、気持ち的にはどうあれ、野球は記憶であり、記録であり。数字は数字で残るからね。

おっと忘れてた。
別にイチローはこれで終わりではなく まだまだ現役。
本人も言っている通り、この記録もイチ通過点であって。

これからどこまで記録を伸ばしていくのか…ですな。
posted by 味噌のカツオ at 23:32| Comment(0) | TrackBack(0) | スポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/439070113

この記事へのトラックバック